おすすめライブ配信PC 予算別ベストバイ

目次

ゲーム実況向けPCの選び方

ゲーム実況向けPCの選び方

必要スペックの理解と重要ポイント

ゲーム実況向けのPC選びで最も重要とされるスペック理解において、CPUやGPU、メモリ、そしてストレージの性能が特に鍵を握っています。

実況に必要な処理能力を確保するため、マルチコア、高クロック速度を持つCPUは非常に重要で、例えば、インテルのCore i7以上やAMDのRyzen 7以上などの高性能プロセッサが推奨されます。

動画のエンコーディングやゲームのグラフィック表示にはGPUの力が不可欠であり、NVIDIA RTXシリーズやAMD Radeon RXシリーズのような中上位のグラフィックカードが望ましいです。

メモリについては、実況中に複数のタスクを同時に行うため、少なくとも16GBを目安に、できれば32GBを搭載することで快適性が向上します。

高速なゲームプレイの記録には、SSDの導入が推奨されており、ゲームのロード時間の短縮はもちろんのこと、オンエア中のストレージ書き込み速度も重要な要素です。

さらに、効率的な冷却システムを持つPCケースや電源の選定も、安定したパフォーマンス維持のために欠かせません。

これらの重要ポイントを総合的に把握し、実況するゲームの種類や配信する解像度、フレームレートを考慮した上で最適な選定を行うことが、滑らかで高品質なゲーム実況を実現するための第一歩と言えるでしょう。

ゲーム実況に最適なCPUとGPUの選定

ゲーム実況に最適なCPUとGPUの選定において、核となるのは高い処理性能と安定したパフォーマンスです。

CPUは、複数の核心(コア)を持つことで、多くの処理を同時にこなせるものが適しています。

例えば、AMDのRyzen 7やIntel Core i7以上のモデルは、ゲームのプレイと同時にエンコーディングを行う場合に適しており、その強力なマルチタスク能力が魅力的です。

一方でGPUに関しては、高解像度でのゲームプレイとスムーズな映像配信を両立させるためには、NVIDIAのGeForce RTXシリーズまたはAMDのRadeon RXシリーズのような現代のゲームに対応した性能の高いグラフィックスカードの選定が不可欠です。

激しいアクションや高速な動きが特徴のゲーム実況では、こうしたハイエンドなGPUがリアルタイムでの高フレームレートの維持に役立ちます。

そして、ゲーム実況用PCでは、CPUとGPUの間のバランスが非常に重要となりますので、どちらか一方に重きを置くのではなく、全体としてのシステムバランスに注意を払いながら選択することが肝心です。

さらに、静音性や冷却効率もゲーム実況を行う上で考慮すべきポイントの一つで、長時間の使用にも耐えうる堅牢性を持つことがライブ配信における安定感の確保へと繋がります。

こうした多角的な視点から最適なシステムを構築することで、視聴者に快適な映像とサウンドを提供し、ゲーム実況を通じて高い人気を得ることが可能となるでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41202 2410 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41151 2351 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41151 2351 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38618 2072 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38542 2043 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35536 2228 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35536 2228 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33786 2202 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33786 2202 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32559 2096 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32559 2096 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29276 2034 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28876 1964 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27056 2039 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24658 2097 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24658 2097 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22092 1944 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20378 2010 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19520 1932 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17744 1811 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16057 1773 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16057 1773 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15299 1976 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9081 1742 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9081 1742 公式 価格

メモリとストレージのバランスの良い組み合わせ

ゲーム実況向けのPCを選ぶにあたって、メモリとストレージは双方ともに非常に重要な要素です。

メモリー、すなわちRAMは、複数のアプリケーションを同時にスムーズに実行するための一時的なデータ保存場所であり、ストレージはゲームや録画データを保存する長期的な記憶装置として機能します。

高解像度でのゲーム実況を行う際には、最低でも16GBのメモリを推奨し、より快適なパフォーマンスを求めるならば32GBを目安にすると良いでしょう。

一方で、ストレージに関しては、速度と容量のバランスが肝心です。

高速なSSDはゲームのロード時間を大幅に短縮し、実況中の快適性を向上させる一方で、大容量のデータを保存するためにはHDDも併用して考えるとコストパフォーマンスが高まります。

現代の市場においては、システム用にはNVMe対応のSSDをメインに設定し、録画データの保存用として追加のHDDやSSDを組み込むことが一般的です。

この両者の良い組み合わせが、長時間のストリーミングや大量のデータの保管において、安定したパフォーマンスを提供する鍵となります。

ゲーム実況用PCとしてこれらの点を考慮した選択肢を提供する材料は多岐にわたりますが、ユーザーそれぞれの実況スタイルと予算に合わせて、理想的なメモリとストレージの組み合わせを選ぶことが、最高のライブ配信体験を創出するためには不可欠です。

予算別ゲーミングPCおすすめモデル

予算別ゲーミングPCおすすめモデル

エントリーレベル 10万円以下のゲーム実況PC

ゲーム実況は今や多くの方に親しまれるエンターテインメントの一形態であり、それに適したPCの選定は臨場感ある配信を実現する上で欠かせません。

特にエントリーレベルとされる10万円以下の予算では、価格と性能のバランスに優れたモデルを選ぶことが肝心です。

この価格帯のゲーム実況PCでは、グラフィックス機能に注目しつつ、ストリーミング時の快適さも重視することが望ましいです。

例えば、Ryzen 5やCore i5プロセッサを搭載したミドルレンジのCPUはコストパフォーマンスが高く、ゲームや配信ソフトウェアの同時運用もスムーズにこなせます。

また、GeForce RTX3050やAMD Radeon RX 7600といったエントリーレベルのグラフィックカードも、手ごろな価格でありながら、多くの人気ゲームを快適にプレイするための適度なパワーを提供します。

RAMは最低でも8GBは必要ですが、予算に余裕があれば16GB向けて投資すると将来的なアップグレードへのニーズを抑えることができるでしょう。

ストレージに関しては、ゲームのロード時間短縮に影響するSSDが好ましく、1TB以上が理想的ですが、予算に応じて128GBのモデルを選び、外部ストレージで補う手もあります。

エントリーレベルのゲーム実況PCでは、将来的に部品交換を行いアップグレードが可能な設計のモデルを選ぶことも一つのポイントです。

始めは手頃な価格のPCでスタートし、慣れてきたら徐々にパーツを交換していくことで、より高度なゲーム実況に対応するマシンへとスムーズに移行することができるためです。

バランスと将来性を兼ね備えたPC選びが、ゲーム実況を成功に導く重要なステップとなるでしょう。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

ミドルレンジ 10万円~20万円で選ぶPC

ゲーム実況に挑戦する方々にとってミドルレンジのPCは、高いパフォーマンスとコストのバランスが特に重要です。

予算10万円から20万円の範囲では、ゲーミングPCはその真価を発揮し始めます。

この価格帯で選ぶ際、注目すべきは第一に処理能力です。

Core i5からi7のプロセッサ、またはAMD Ryzenシリーズの中位モデルを搭載したマシンが見込まれます。

これらは多くの現代ゲームを快適に動かすだけでなく、同時に生放送用のソフトウェアの実行もスムーズにこなすことができます。

次に重要なのはグラフィックカードです。

NVIDIAのGeForce RTX4060やRTX4070など、ストリーミングとゲーミングに適したパワーを持ったミドルレンジのカードが望ましいです。

これらは高解像度でのプレイはもちろん、配信時のエンコーディングも支える役割を持ちます。

加えて、快適なゲーム配信を継続するためには、16GB以上のRAMを搭載し、SSDを主要ストレージとして選ぶことが推奨されます。

これにより、ゲームのロード時間が短縮され、高速なデータ処理が可能になります。

冷却システムの優れたPCも見逃せません。

長時間にわたるゲーム実況ではPCの発熱が懸念されるため、効率的な冷却ができるPCケースや、追加のファンを選ぶことで安定したパフォーマンスを維持できます。

また、アップグレードが容易な構造のPCを選ぶことで、将来的に性能向上の必要が出た際にも柔軟に対応することが可能です。

この価格帯であれば、ゲーム実況において重要な要素を網羅した、適切なPCを選ぶことができるでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45A

最新の技術と実用性を兼ね備えたゲーミングPC?理想のパフォーマンスを提供するモデル
あらゆるゲームに対応する均整の取れたスペック?16GBメモリと1TB NVMe SSDで快適プレイ
眺める楽しみもプラス?クリアパネルを採用したミドルタワーケースで、その美しさに注目
Core i5 14600KFを搭載?最新ゲームもこれ一台でスムーズに動かす力強いCPU

【ZEFT Z45A スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GM

ゲーマーの心を弾ませる、ハイスタンダードなパフォーマンスを持つゲーミングモデル
圧巻のVGAと高速CPUのコンビが生む、まさにゲームとの運命的なバランス
小さな箱に大きな可能性、洗練された白のキューブケースが卓上を彩る
効率的な演算力、Core i5の最新が拓くスムーズなマルチタスクの世界

【ZEFT Z47GM スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAU

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAU

処理速度と映像美の融合を実現した、高性能ゲーミングPC
RTX 4060Ti搭載、バランス良く高性能なスペックが魅力
明るく輝くインテリアも映える、エアフロー設計のCorsair 4000D筐体
タスクを速攻処理、Core i7 14700KFが心強い味方

【ZEFT Z45DAU スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAU

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCG

アドバンストスタンダードセグメント、究極の滑らかゲーム体験をコミットするゲーミングPC
RTX 4060Tiが映し出す鮮明なゲーム世界、快適32GBメモリが支える高速バランスモデル
NZXT H6 Flow Whiteケースでスタイリッシュながら、ゲームも日常作業もスムーズに処理
2023年の新星、Core i5 14600KFがプレイを次のレベルへ導く

【ZEFT Z45DCG スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GB

ハイスピードなゲーム体験を望むあなたに、高性能ゲーミングPC
手に入れたい最適なバランス!32GBメモリと1TB NVMe SSDで無敵な動作速度
静かなる強さ、CoolerMasterのSilencio S600で見た目もパフォーマンスもスマート
快速無比!Core i7-14700KFが切り開く極上のマルチタスク環境

【ZEFT Z45GB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GB

ハイエンド 20万円以上の最強配信PC

ストリームに彩りを加える卓越した性能が求められるハイエンドクラスのゲーミングPCは、20万円以上の価格帯において、その真価を発揮します。

重厚なグラフィックとスムーズなゲームプレイを同時に配信できる強力なプロセッサ、例えばAMD Ryzen 9 シリーズやIntel Core i9 シリーズを搭載することによって、最も要求の厳しいタイトルさえも難なく扱うことができます。

高性能GPU、NVIDIAのGeForce RTX4080以上やAMDのRadeon RX 7000シリーズなどは、高解像度での配信や複雑なエフェクトを駆使したコンテンツ作りに不可欠であり、最上級の視聴体験を提供します。

また、生放送中のトラブルを回避するためには、高速のメモリと大容量のSSDが絶対に欠かせません。

32GB以上のRAMと1TB近いNVMe SSDは、多くのアプリケーションやストリーミングソフトウェアを軽快に動作させ、エンコードやレイヤーの複雑なシーン切り替えも支障なく行います。

さらに、ハイエンドでは放熱対策も極めて重要で、効率的な冷却システムを体現したケースや液体冷却は安定したパフォーマンスを持続させます。

最終的には使用シーンに合わせたカスタマイズも考慮すべきです。

ストリーミング専用マシンとしてのセットアップや、複数のモニターを活用するためのマルチディスプレイ対応など、ゲーム実況者としての個性を発揮するための細かな選択が可能です。

また、極上のオーディオ体験を提供するサウンドカードや静音性を高めるための部品選びも見逃せません。

20万円以上を投じるハイエンドゲーミングPCは、ただ最先端のスペックを持つに留まらず、配信者が求める緻密で細やかなニーズに応える逸品と言えるでしょう。

ライブ配信ソフトウェアの選び方

ライブ配信ソフトウェアの選び方

人気の配信ソフトウェアの比較

ライブ配信ソフトウェアは、ストリーマーのパフォーマンスや個性を視聴者に届けるための重要なツールです。

多彩な機能を搭載したOBS Studioは、使い勝手の良さと多様性から多くの実況者に支持されています。

無料かつオープンソースであることから、自由度が高く、複数のカメラやマイク、画面を切り替えながらの配信が可能です。

対して、Streamlabs OBSは、その直感的なインターフェースと、ひと目でわかるストリーム管理機能により、初心者でも容易に配信が開始できるのが強みです。

さらに、独自のアラートやチャットウィジェットなどで視聴者との交流が深めやすい点も魅力的です。

一方で、XSplit Broadcasterは、プロフェッショナルな配信を求めるユーザーにとって適した選択肢であり、高度なプロダクション機能と、細かい設定が可能な点が特徴です。

しかし、その全機能を利用するには有料ライセンスを必要とするため、予算に応じて配信ソフトウェアを選ぶ際の一考慮点になります。

配信の種類や目的、使い勝手の好みに加えて、PCのスペックやインターネット環境も配信ソフトウェアの選択に影響を及ぼします。

適切な選択をすることで、ゲーム実況だけでなく、どんなコンテンツも視聴者へスムーズに届けることができるでしょう。

ソフトウェアが持つ機能や配信環境との相性を思慮深く考え、その上で最善の選択をすることが求められます。

それにより、魅力的なライブ配信が実現し、視聴者に喜んでもらえるような配信体験を提供できるのです。

配信ソフトウェアとPCの相性

ライブ配信において、配信ソフトウェアとPCの相性は成功のカギを握る要素です。

高品質なストリーミングを実現するためには、使いやすさ、機能性、そしてPCのスペックとの調和が必要不可欠です。

例えば、多機能な配信ソフトウェアは一見魅力的に見えますが、PCの処理能力に見合わない場合、ストリーミングの品質が落ちる原因にもなりかねません。

また、ゲーム実況ではレスポンス速度が配信のスムーズさを左右します。

そのため、低遅延で安定した配信を保証するソフトウェア選びが不可欠です。

高いカスタマイズ性を持つ配信ソフトウェアは、視聴者に応じて画面レイアウトを変更できるなど、視聴体験を向上させる利点がありますが、その機能をフルに活用するには相応のPCスペックが求められます。

さらに、効率的なエンコーディングを行うことで、高画質ながらもストリームの安定性を保持することができます。

ここで重要になるのは、配信ソフトウェアがPCのGPUやCPUをどう活用するかです。

特に、GPUによるハードウェアエンコードをサポートするソフトウェアは、PCの負荷を下げながら高品質な配信を可能にします。

最終的に、配信ソフトウェアは豊富な機能よりも、自身のPCに最適化され、信頼性が高く直感的に操作できるものを選ぶことが、快適なゲーム実況ライブ配信への近道です。

視聴者に高いエンターテインメントを提供するためにも、この相性を見極めることが重要といえるでしょう。


配信PCのカスタマイズポイント

配信PCのカスタマイズポイント

ゲーム実況向けの冷却システムの重要性

ゲーム実況において、熱管理はプレイの質だけでなく、機器の寿命にも直結する重要なファクターです。

特に長時間のライブ配信では、PC内部が高温になることが避けられず、冷却システムがその熱を効率よく逃がす役割を担います。

優れた冷却システムは、プロセッサやグラフィックスカードなどの主要コンポーネントを適切な温度範囲内で保ち、パフォーマンスの安定性を維持します。

これにより、配信中の予期せぬフリーズやシャットダウンを防ぐことができ、視聴者に快適な視聴体験を提供することが可能になります。

高負荷がかかるゲーム実況PCには、エアークーリングか水冷クーリングのいずれかが推奨されますが、特に水冷システムはその静音性と優れた冷却能力で多くの実況者から支持されています。

熱伝導率の高い液体を用いることで、CPUの発熱を素早く放熱ブロックへと伝え、外部のラジエーターで冷却することができます。

また、ファンスピードの調整による細かな温度コントロールが実現し、最大限のパフォーマンスを引き出すことができるのです。

重要なのは、選択した冷却システムが現在および将来的なPCスペックに合致していることであり、将来的なアップグレードを見据えた冷却能力の余裕を持つこともポイントです。

結果として、ゲーム実況における高い安定性と長期的な信頼性を実現するためには、賢い冷却システム選びが不可欠であると言えます。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

高性能ゲーミングPC、究極の戦闘力を低ラグで制御するマシン
32GBのRGBメモリが煌く、均整の取れた超速スペック搭載
透明なサイドパネルで光る内部、スタイリッシュなホワイトケース
Ryzen 9の力強いパフォーマンスであらゆるタスクを滑らか処理

【ZEFT R54B スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ Deepcool製 水冷CPUクーラー LS720 ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AP

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AP

編集力と応答性を兼ね備えたエキスパートランクのゲーミングPC
RTX 4070Ti搭載で視覚を圧倒、メモリは16GBで快適プレイの楽園へ
静寂を纏うAntec P10 FLUXケース、洗練されたサイドパネルで静音美学を実現
新世代Core i7-14700KFが描く、スムーズなる高速処理の彩り

【ZEFT Z45AP スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6600Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AP

パソコンショップSEVEN ZEFT R54C

パソコンショップSEVEN ZEFT R54C

ゲームを極めるアドバンスドミドルランクモデル、戦場を支配するゲーミングPC
選ばれし32GBメモリ、駆け抜ける1TB SSD、絶妙なスペックのハーモニー
純白ハイエンドケースが放つ、クールな美しさと圧倒的存在感のNZXT H9 ELITE
Ryzen 9 7900X、マスターピースグレードのパフォーマンスを掌握せよ

【ZEFT R54C スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ Deepcool製 水冷CPUクーラー LS720 ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54C

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DBC

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DBC

エンターテイメントを極めるハイスタンダードゲーミングPC
高速32GB DDR5ミラクルメモリ&1TB NVMe SSDで、スムーズに応えるハイパフォーマンス
スタイリッシュなキューブケースで、コンパクトさと存在感を両立
最新の力、Ryzen 5 7600が切り拓く性能の新境地

【ZEFT R56DBC スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DBC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AE

高速処理を駆使するアドバンスドレベルのゲーミングPC、プレイも作業もスムーズに
バランスに優れ、妥協なき32GBメモリと1TB SSDの組み合わせで快適性を追求
NZXT静謐の白、清潔感溢れるデザインのコンパクトケースに性能の光を宿す
Core i7の力強さをギュッと詰め込んだ、マルチタスクにも強いマシン

【ZEFT Z47AE スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AE

視聴者に快適な視聴体験を提供するためのPC音響対策

ゲーム実況の世界では、視聴者がストリーマーに完全に没入できるよう、クリアな音質を確保することが重要です。

品質の高いオーディオは、耳障りなノイズや詰まった感じのある音声から視聴者を解放し、まるでその場にいるかのような体験をもたらします。

配信中に生じがちなPCのファンノイズやキーボード入力音などを最小限に抑えるために、サイレントケースや防音材を使用することを推奨します。

さらに高性能のクーラーやファンコントローラーに投資することにより、PC内の騒音レベルを効果的に低減させます。

音声自体の質を高めるためには、高品質なマイクの選定も欠かせません。

集音性が高く、周囲の雑音を拾いにくいコンデンサーマイクや、声をダイナミックに捉え、自然でクリアな音質を提供するダイナミックマイクが適しています。

これらのマイクは、マイクアームやショックマウントと併用することで、さらなる音質向上が期待できます。

最後に、オーディオインターフェースの導入を検討することが大切です。

このデバイスを通じて、マイク信号をデジタル信号に変換し、PCへと送る際の音質を飛躍的に向上させます。

清潔感のある音響を視聴者に提供することは、快適な視聴体験の基盤となり、チャンネルの忠誠心を強化することに繋がります。

すべてのリスナーが満足するオーディオ環境を整えることで、ゲーム実況パフォーマンスの質を高め、視聴者を引き付けることに大きく寄与します。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

周辺機器で差をつける

周辺機器で差をつける

マイクやカメラの選び方

周辺機器の選択が、ゲーム実況における視聴者の体験を大きく左右する点で重要です。

特に、マイクやカメラは配信のクオリティを高めるために、慎重に選ぶ必要があります。

クリアな音質のマイクは、ゲームの臨場感を伝えつつ、実況者の個性を際立たせるツールとなり、その選定には配信されるコンテンツの種類に最適な指向性があるか、ノイズキャンセリング機能が優れているかを重視すべきです。

カメラに関しては、高解像度で鮮明な映像を提供するものが求められますが、色彩やコントラストの再現性、オートフォーカスの速度と正確さも重要なファクターです。

実況者の表情や動きが視聴者にしっかりと伝わるためには、フレームレートが高く、ひとつひとつの動きをなめらかに捉える能力のあるカメラが推奨されます。

また、マイクとカメラはそれぞれ、専用のソフトウェアを通じて細かい設定変更が可能なモデルを選ぶことで、その日の配信の状態や個人の好みに合わせた最適な環境を整えることができます。

明瞭でバランスの取れた音声と、視聴者が臨場感を感じられる映像を提供することは、長時間のゲーム実況を通じても視聴者の関心を持続させるために必要不可欠です。

そのため実況に使う周辺機器は、ただ高性能なものを選ぶだけでなく、実況するゲームのジャンルや個人のスタイルに合った仕様を重視して選ばなければなりません。

最適な選択をすることで、配信のレベルを一層引き上げ、視聴者を魅了する配信が可能となります。

キーボード・マウスの快適性が実況に与える影響

ゲーム実況では、プレイヤーのスキルと同じくらい、キーボードやマウスの快適性が配信の品質に直結します。

なぜなら、長時間にわたる配信で最も要求されるのは、繊細な操作と持続的なコンディションの維持であり、そのためには優れた入力デバイスが不可欠だからです。

高性能なキーボードは、反応速度が速く、キータッチが軽やかであることで、操作ミスを減らし、緻密なコントロールを可能にします。

また、人間工学に基づいたデザインは、長時間の実況配信でも疲労を軽減し、パフォーマンスの低下を防ぎます。

一方、マウスは正確なポインティングと迅速なクリックが求められるため、センサーの精度やクリック感の良さが、プレイヤーをサポートする重要な要素となります。

滑らかな動きや持ちやすさが、視聴者にとっても快適な視聴体験を提供し、実況者の意図した通りのゲームプレイを映し出す事が可能になります。

ゲームジャンルに合わせたキーボードのキー構成やマウスのボタン配置を選ぶことで、さらに実況の質を向上させ、視聴者を魅了できる配信が実現します。

実況配信において快適なキーボードとマウスを選ぶことは、ただの機能的な選択ではなく、プレイヤーと視聴者双方にとっての満足度を高めるための投資です。

途切れないフィードバックと直感的な操作感は、実況のプロフェッショナリズムを際立たせ、ファンを惹きつける重要な要素となるのです。

ゲーミングPCの保守とアフターサポート

ゲーミングPCの保守とアフターサポート

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47EF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47EF

ハイスタンダードなゲーム体験を叶える、強力スペックのゲーミングPC
32GBメモリと最新RTXで、あらゆる作業が滑らかに、均整のとれた高性能モデル
静音とスタイルを兼ね備えるAntecのミドルタワー、デザイン性にもこだわった選択
最新のCore i5 14400Fが、遊びも仕事もスムーズな処理速度を提供

【ZEFT Z47EF スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースAntec P10 FLUX
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47EF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ASA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ASA

ハイバリュー・スタンダードで遊びと仕事をこなす、多用途ゲーミングPC!
大容量メモリと新世代CPU、バランスに優れたスペックでパフォーマンス抜群
透明なサイドパネルが光り輝く、洗練されたミドルタワーデザイン
リファインド・パワーを秘めた最新i5、コア性能で高速処理を実現

【ZEFT Z45ASA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ASA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYD
【ZEFT Z47BYD スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFM

力強いパフォーマンスを秘めた、ハイセグメントなゲーミングPC
最先端を行くスピードと堅牢性、これが真のスペックバランス
透明感あふれるデザイン、美しさとパワーを兼ね備えたマシン
多忙な日々を駆け抜ける、Core i9の驚異的な速度体験

【ZEFT Z45DBFM スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFM

保証期間とサポート体制の確認

ゲーミングPCの保守とアフターサポートは、長期にわたって快適にゲーム実況を楽しみ続けるためには不可欠な要素です。

特に保証期間とサポート体制をふまえた上で、安心して使用できるPC選びが重要になってきます。

保証期間に注目すれば、万一のトラブルや予期せぬ故障が発生した際に、メーカーが無償で修理や交換を行ってくれる期間の長さが分かります。

長ければ長いほど、その分だけユーザーのリスクは低減されます。

しかし、ただ長い保証期間があるだけでなく、それを支えるサポート体制もまた購入の際の選考クライテリアとなります。

例えば、レスポンスの速さやトラブル時のサポート窓口の可用性、修理にかかる時間、さらにはリモートでのサポート提供の有無などが挙げられます。

クオリティの高いサポート体制があることで、予期せぬトラブルが生じた際にも迅速かつ的確な解決が可能になり、ゲーム実況を中断することなくスムーズに配信を続けることができます。

このため、ゲーム実況用のPCを選ぶ際には、メーカーや販売店がどのような保証を提供しているのか、その詳細に目を向けることが肝心です。

それによって、購入後も安心して長期間にわたり使用できるPCを選ぶことが可能になるでしょう。

緻密な評価を行い、将来を見据えた賢明な選択が求められるのです。

長期間安心して使用するためのメンテナンス

ゲーミングPCはハイパフォーマンスを発揮する反面、熱やダストなどの問題に敏感です。

長期間安心して使用するためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

ここに重きを置かれた運用を推進することが、経験豊富なゲーマーやクリエイターからも強く推奨されています。

まず、内部の清掃は熱の蓄積を抑え、PCのクラッシュを防ぎます。

おすすめするのは少なくとも年に一度、ベンチの表面だけでなく、内部のファンやヒートシンクに蓄積された埃を丁寧に除去することです。

また、ソフトウェア面では、オペレーティングシステムや各種ドライバーのアップデートを定期的に実施することで、最適なパフォーマンスとセキュリティを保ちます。

ゲーム実況を行うPCは特に、グラフィックカードやサウンドカードなどの更新が重要で、これにより最新のゲームやソフトウェアに対応することができます。

さらに、オーバークロッキングを行った場合は、通常より丁寧な監視が求められ、潜在的なリスクを回避するため、システムの温度やパフォーマンスのモニタリングを行いましょう。

このような継続的なメンテナンスを通じて、長い期間、快適なゲーム実況環境を維持することが可能になるのです。

ゲームタイトル別推奨スペック

ゲームタイトル別推奨スペック

人気の高いゲームタイトルとその推奨PCスペック

人気の高いゲームタイトルが要求するPCスペックは、ゲームの世界観を最大限に引き出し、ライブ配信での視聴者体験を向上させることに不可欠です。

例えば、高速なアクションとリアルタイムのマルチプレイヤー戦闘を特徴とするフォートナイトを快適にプレイし配信するなら、中級レベルのグラフィックスカードとしてNVIDIA GeForce RTX4060やそれ以上が推奨されます。

また、CPUはコア数の多い中級クラスのものが求められ、快適な配信のためには、Ryzen 5やIntel Core i5シリーズ以上を目安に選ぶと良いでしょう。

一方で、リアルなグラフィックスと広大なオープンワールドのグランド・セフト・オートVでは、より高性能な構成が欠かせません。

この場合、グラフィックスに関してはNVIDIAのRTXシリーズやAMDのRXシリーズが好適で、特にRTX4060以上を選択すれば、鮮やかなグラフィックスと滑らかなゲームプレイを配信中に堪能できます。

CPUも性能の高いRyzen 7やIntel Core i7シリーズが相応しいです。

配信対象となるゲームタイトルによって最適となるPCスペックは異なりますが、ゲームを楽しみつつ、視聴者にも高画質な映像を提供するためには、これらの推奨スペックを参考に選ぶことが鍵です。

最終的には、予算内で最大限の性能を引き出す構成を選択することが、配信者としても視聴者にとっても最も満足いく結果をもたらすことでしょう。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam


ヘビーなゲーム実況に耐えうるマシンの条件

ゲーム実況の世界では、流麗なプレイ映像をフレームロスなく配信することが視聴体験の質を大きく左右します。

特にグラフィックが鮮明で動きが激しいヘビーなタイトルの生放送では、優れたパフォーマンスを誇るマシンが絶対に必要とされます。

では、具体的にどのようなマシン条件が求められるのでしょうか。

まず、プロセッサはゲームの計算処理と同時に配信ソフトウェアを流動的に動作させるため、最低でも8コア16スレッド以上のものを選ぶべきです。

また、グラフィックスカードに関しては、最新のAAAタイトルを最高設定で快適にプレイし、その映像をエンコードするためには、高性能なものを選定する必要があります。

例えば、NVIDIAのRTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズの中の上位モデルが適切です。

さらに、ストレージは速度と容量がポイントです。

ゲームのロード時間を短縮し、リアルタイムでのデータの読み書きをスムーズに行うためには、NVMe SSDを積むことが重要です。

大容量でありつつ、書き込み速度の高いものを選ぶと良いでしょう。

そして、メモリは16GBを基準に、より多く確保できればそれに越したことはありません。

これらの条件を満たすマシンを構築することで、ゲーマーはゲーム実況を通じて無限とも言える広がりを持つ配信の世界で、自身の才能を存分に発揮することが可能となります。

また、一つのタイトルだけでなく、多種多様なゲームに対応するためにも、これらの条件に沿ったPC選びを心がけましょう。

自作PCでコストを抑えるメリットとデメリット

自作PCでコストを抑えるメリットとデメリット

自作PCのコストパフォーマンス

自作PCがゲーム実況の世界においてコストパフォーマンスの高さで注目されているのには明確な理由があります。

市販のPCを購入する時と比べて、自作PCでは必要なパーツを個別に選定し、予算に応じて最適なスペックを組み合わせることができます。

高品質のグラフィックカードや処理速度の速いCPUはゲーム実況にとって重要な要素であり、これらを賢く選ぶことで、同等の性能を持つ市販品よりもコストを大幅に抑えることが可能です。

また、自作PCは将来のアップグレードがしやすいという点でも経済的です。

例えば新しいゲームや高度なストリーミング技術が登場した場合でも、必要な部分だけのパーツ交換で対応することができるため、全体を新しく購入する必要がなく、長期的に見れば費用を節約することができます。

ただし、自作PCには専門知識が求められるため、パーツ選びや組み立てには注意が必要です。

互換性がない部品を選んだり、間違った方法で組み立てると、性能が十分に発揮されないことや、最悪の場合PCが動作しないリスクもあります。

故障時のサポートや保証が限られている点も、市販PCでは問題になりにくいデメリットかもしれません。

しかし適切なリサーチと慎重な組み立てを行うことで、自作PCの強みを最大限に活かし、ゲーム実況における臨場感あふれる配信を実現することができるでしょう。

こうした理由から、コストパフォーマンスを考えた自作PCは多くのゲーム実況者にとって魅力的な選択肢となっています。

自作に必要な知識と経験

自作に必要な知識と経験についてふれる前に、ゲーム実況を行うPCの自作というアプローチは、細部にまでこだわりたい配信者にとって魅力的な選択肢となります。

しかしながら、この道を歩むにはコンピューターの基本的な構造や、各パーツの役割と相性を理解しておく必要があります。

マザーボード選びから電力の要件、冷却方法に至るまで、自作PCではあらゆる構成要素がパフォーマンスに影響を及ぼします。

また、オーバークロックやカスタム冷却システムへのチャレンジは、さらなる深い知識が必須です。

ゲーム実況では安定した処理能力が求められるため、システムの安定性を保つためのノウハウがなければ、逆にコストと時間の増大につながるリスクも孕んでいます。

さらにデメリットとしては、保証面での不安も存在します。

完成品PCに比べ、個々のパーツごとに保証期間や条件の違いをチェックする手間が生じるでしょう。

万一のトラブル時には、自分で原因を究明し修理、交換するスキルも必要となります。

それでも、自作PCを通じて蓄積される経験は、究極のゲーミング環境を構築する上で、重要な財産になります。

技術的な障壁をクリアすれば、コスパとパフォーマンスのバランスを最適化したマシンが、ゲーム実況の鮮やかなパートナーとなるでしょう。

自作PCという道は決して易しいものではありませんが、その報酬は計り知れない喜びを提供してくれることでしょう。

ゲーム実況者からのアドバイス

ゲーム実況者からのアドバイス

実際のゲーム配信者が推奨するPCセットアップ

ゲーム実況者が推奨するPCセットアップについて解説しましょう。

ゲーム実況者にとって、スムーズな配信と視聴者の満足を実現するためには、適切なPCの選択が不可欠です。

実際のゲーム配信者は、画質とフレームレートのバランスを最適化するために、高性能なCPUとGPUのコンビを重視します。

たとえば、最新の多コアプロセッサを搭載したPCは、同時に複数のタスクを処理できるため、さまざまなソフトウェアを快適に動かしつつ、配信のエンコーディングにも十分なリソースを割り当てられます。

また、ゲーム実況では、快適な配信を維持するための十分なメモリーも重要です。

16GB以上のRAMを搭載することで、ライブ配信中のゲームプレイがひっかかることなく、シームレスな体験をファンに提供できるでしょう。

ストレージに関しては、素早い読み書き速度を持つSSDが推奨されます。

これにより、ゲームのロード時間を劇的に短縮し、視聴者を待たせずに次々とコンテンツを提供できるのです。

冷却システムもまた、無視できない要素です。

高負荷がかかるゲーム実況でPCが熱暴走しないよう、効果的な冷却機能を備えていることが肝心です。

充実したエアフローと静音性を兼ね備えたケースや、高性能な冷却ファン、場合によっては水冷システムを採用することで、長時間の配信でも性能を保つことができます。

このように、ゲーム実況者の推奨するPCセットアップは、ハードウェアのパワーとバランス、そして信頼性に注目しています。

配信者の視点からは、視聴者に最高のエンターテイメントを提供するためには、これらすべてが一体となって初めて成り立つのです。

そのためには、慎重にPCコンポーネントを選び、ゲーム実況に最適なシステムを構築することが不可欠となります。

長時間のストリーミングに耐えるPC利用のコツ

ゲーム実況者が長時間に渡るライブ配信を快適に行うためには、PCの耐久性と効率的な使用が求められます。

配信中に最悪のシナリオである、パフォーマンスの低下や予期せぬシャットダウンを防ぐために重要なのは適切な冷却システムの確保です。

高品質のケースファンや液体冷却システムを用いることで、内部温度を適正に保ち、PCのパフォーマンスを長時間安定させることができます。

また、CPUやGPUの過度なストレスを軽減するため、ストリーミングソフトウェアの設定の調整が有効です。

ビットレートの最適化はこの一例であり、視聴者にとって十分な画質を維持しつつも、ハードウェアへの負担を低減させることが可能です。

無理な解像度やフレームレートの設定は避け、配信の品質とPCの健康を天秤にかけます。

さらに、定期的なメンテナンスが重要な役割を果たします。

ハードドライブを定期的にデフラグし、不要なファイルやソフトウェアを削除することで、システムの負荷を軽減し、配信時のトラブルを未然に防げます。

こうした予防策として、アップデートは最新の状態に保ち、セキュリティの脆弱性を閉じることも忘れてはなりません。

ゲーム実況者のPC選びは、ただスペックが高いものを選ぶのではなく、長時間の使用に耐え、かつ配信中に安定したパフォーマンスを提供する機能が整っているものが望ましいのです。

これらの要素を念頭に置き、自らのスタイルに合ったPCを選択することが肝心です。

そうすることで、エキサイティングな配信をスムーズかつ長時間続けられるでしょう。

あわせて読みたい

AIイラストで差をつけろ! トレンドを抑えたおすすめPC解説

ゲーミングPCフリーク

ゲーミングPC選び方の極意 究極のゲームライフを手に入れろ!

ゲーミングPC評価ブログ

AI画像生成に最適! 厳選おすすめPCガイド

ゲーミングPC Tier1

配信品質にこだわるツイキャスユーザー向け! おすすめPCの全知識

BTOパソコンチョイス

静音おすすめPCで実現する 最高のサイレントワークスペース

ゲーミングPC.jp

プレイヤーの勝利を支える2024年最新おすすめBTOゲーミングPC

ゲーミングPC Tier1

映像制作プロジェクト必見! 完璧なパソコン選びのチェックポイント

ゲーミングPC評価ブログ

ハイスペックが鍵! マンガ制作のためのおすすめPCの探し方

BTOパソコンチョイス

動画編集を極める パソコンスペック攻略法

ゲーミングPCフリーク

PCゲーミングを極める! 究極のCore i7おすすめ機種

ゲーミングPC Tier1

ライブ配信プラットフォーム別! 最適なおすすめPC選定法

ゲーミングPC評価ブログ

ゲームを極めるための高スペックPC選び

BTOパソコンチョイス

コスパ重視! おすすめBTOパソコン2024年トレンド

ゲーミングPCフリーク

完璧な動画を! クリエイターが語るおすすめPCの選び方

ゲーミングPC.jp

ゲームマスター必見! 高スペックPCの選び方と最適化

ゲーミングPC評価ブログ

3Dアニメーター向け! コストパフォーマンスに優れたPC選び

ゲーミングPC Tier1

RTX4070 SUPERで遊ぶ! おすすめゲーミングPCの完全ガイド

ゲーミングPC.jp

ゲーマーに贈るパソコンBTOおすすめ構成ガイド

BTOパソコンチョイス

おすすめデスクトップゲーミングPCの極意 性能と予算のバランス

ゲーミングPCフリーク

マルチタスキングを極める! おすすめのCore i7重量級PC

ゲーミングPC Tier1

ベストな選択はこれ! 3DアニメーターのためのPC購入ガイド

ゲーミングPC評価ブログ

速さと品質で勝負! クリエイターにおすすめする動画編集PC

BTOパソコンチョイス

3Dモデリングに求められる性能 おすすめPCとは?

ゲーミングPCフリーク

アートを次元アップ! おすすめ3DモデリングPC選定術

ゲーミングPC.jp

ゲーミングPC選び方 eスポーツ選手の推薦品

BTOパソコンチョイス

BTOパソコンのメリットと選び方 カスタム前に知っておきたい基礎知識

ゲーミングPC Tier1

システムエンジニア向けパソコン最前線 2024年注目すべきモデルの徹底解説

ゲーミングPC評価ブログ

実力派エンジニアの選択! ハイエンドPCおすすめ構成法

ゲーミングPC.jp

ゲーム実況で差をつける! 高性能おすすめPCガイド

ゲーミングPCフリーク

撮って出しも楽々! 動画制作者向けパソコンのおすすめモデル

ゲーミングPC Tier1

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次