注目の配信マシン! 今買うべきおすすめライブ配信PC

目次

ライブ配信PCの選び方

ライブ配信PCの選び方

配信用PCの基本スペック

ライブ配信に特化したパソコンを選ぶ際には、その基本スペックが非常に重要です。

高画質な映像をスムーズにストリーミングするためには、強力なプロセッサ、十分なメモリ容量、そして高速なグラフィックスカードの三点が必須になります。

具体的には、マルチコアのCPUが好ましい選択肢となりますが、配信内容がゲーム等のリソースを要するものであれば、より高性能なものを推奨します。

メモリは16GB以上を目安にすると、複数のアプリケーションを同時に動かす際にも余裕を持ったパフォーマンスが得られます。

さらに、特にゲーミング配信を考えている場合、快適なフレームレートを維持するためには、グラフィックスカードの性能がクリティカルになります。

配信用PCには、高品質なエンコーディング機能を持つグラフィックスカードを選ぶことで、映像の圧縮に負荷がかかることなく、クリアな映像を配信することができます。

ストレージに関しても、大きな容量のSSDを選ぶことで、読み書き速度を格段に向上させ、映像データの保存やソフトウェアの起動を素早く行えます。

これにより、ライブ配信中のタイムラグを最小限に抑えることが可能となります。

ネットワーク環境も見逃せないポイントです。

安定した高速インターネット接線は、ブレない配信を実現するためには欠かせません。

有線のイーサネット接続を推奨し、配信品質を犠牲にすることなく、視聴者への快適な視聴体験を提供します。

これらの要素をバランス良く兼ね備えたライブ配信PCを選ぶことが、ストリーマーとして成功への第一歩になるでしょう。

視聴者を引きつける魅力的なコンテンツを配信するためには、これらのスペックが快適な配信活動をサポートする基盤となるのです。

CPUの重要性と最適な選択肢

ライブ配信PCの心臓部であるCPUは、高品質な配信体験を実現する上で不可欠です。

CPUは複数のタスクを同時に処理するマルチタスキング能力が求められ、特にライブ配信ではエンコーディング(映像データをリアルタイムで圧縮・変換する処理)が重要になります。

ここでは、エンコーディングに必要な処理能力を高めるために、コア数とクロック速度に注目し選びましょう。

コア数が多いCPUは、複数のデータストリームを同時に処理することができます。

例えば、ゲームプレイをしながら視聴者とのインタラクティブなコミュニケーションを図り、さらにはストリームにアレンジを加えるような場合、複数のコアはその力を発揮します。

また、クロック速度もパフォーマンスを左右し、速度が速ければ速いほど一つひとつの処理を迅速にこなすことができます。

現在市場には、インテルのCore i7やi9、AMDのRyzen 7やRyzen 9など、ストリーミングに適した高性能CPUが多数存在します。

ライブ配信におけるスムーズな動画のエンコーディングを考えれば、これらの高性能な多コア・ハイクロックのCPUが最適な選択肢といえるでしょう。

最新のゲームを快適に楽しむだけではなく、配信中のアクティビティにも余裕を持たせることができるため、エンターテイメント性の高いライブストリーミングが可能になります。

最良のライブ配信PCを組み立てる際は、将来的なニーズにも対応可能なCPU選びが肝心です。

流れるような映像と共に、配信の質を格段に向上させることができるでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41202 2410 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41151 2351 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41151 2351 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38618 2072 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38542 2043 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35536 2228 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35536 2228 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33786 2202 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33786 2202 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32559 2096 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32559 2096 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29276 2034 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28876 1964 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27056 2039 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24658 2097 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24658 2097 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22092 1944 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20378 2010 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19520 1932 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17744 1811 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16057 1773 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16057 1773 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15299 1976 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9081 1742 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9081 1742 公式 価格

ストリーミングのためのグラフィックカード

ストリーミングのためのグラフィックカードの選択は、ライブ配信のパフォーマンスに直結します。

映像を鮮明かつスムーズに配信するためには、力強い描画能力を持つグラフィックカードが不可欠です。

特に、高解像度でのゲーム配信や複数のカメラを使用するシナリオでは、負荷が高くなるため、優れたグラフィックカードがライブ配信の質を大きく左右します。

配信で求められる要素に応じてグラフィックカードを選ぶ際には、まず、エンコード機能が充実しているかどうかがポイントです。

最新のNVIDIAやAMD製のカードは、ストリーミング専用のハードウェアエンコーダーを搭載しており、CPUの負担を減らしつつ、高品質な映像をリアルタイムでエンコードすることが可能です。

また、グラフィックカードのビデオメモリも重要な要素です。

ライブ配信では多くのデータを一時的に保存し、処理する必要があります。

ビデオメモリが多ければ多いほど、より高解像度で、より多くのフレームレートを維持することができ、視聴者に快適な視聴体験を提供できます。

さらに、配信ソフトウェアとの互換性も考慮する必要があります。

多くのプロフェッショナルな配信者は、OBS StudioやXSplitといったソフトウェアを使用しています。

これらのソフトウェアがグラフィックカードの特定の機能をフルに活用できるかどうかは、スムーズな配信のために確認しておきたい点です。

最後に、長時間の配信を行う場合はグラフィックカードの冷却性能にも注意が必要です。

配信中はグラフィックカードに連続して高い負荷がかかるため、過熱を防ぐために十分な冷却機能を有するモデルを選ぶことが、安定した配信を維持するための鍵となります。

グラフィックカードはライブ配信環境の心臓部とも言える部品です。

選択には慎重に、そして自分の配信内容にふさわしいスペックのものを選ぶことで、配信のクオリティは格段に向上し、視聴者にも最適なコンテンツを提供できるようになることでしょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36176 73894 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30083 73191 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29130 68118 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26166 67299 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23728 55472 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19925 50322 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19235 50968 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17968 45739 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16988 42314 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13459 34501 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13458 34949 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13342 34319 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12463 30286 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10825 31641 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10654 28494 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10645 27415 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7335 19559 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6271 15992 130W 公式 価格

メモリ容量の影響と推奨設定

ライブ配信PCを選ぶ際に重要なのは、スムーズな配信を実現するために必要なメモリ容量の理解です。

メモリが不足していると、映像がカクカクとしたり、配信ソフトがクラッシュする恐れがあります。

一方で、過剰にメモリを搭載してもコストが無駄にかかるだけです。

配信に適したメモリ容量は、使用するソフトウェアや同時実行するアプリケーションの種類、解像度やフレームレートなどのストリーミングの質により異なりますが、一般的には8GBのメモリで基本的なライブ配信が可能です。

しかし、1080pや4Kでの高解像度配信を目指す場合や、複数のソフトウェアを使用して配信を行う際は、16GBまたはそれ以上のメモリを推奨します。

特に複雑なシーンや多数の視聴者とのインタラクションを視野に入れるなら、余裕を持ったメモリ容量があなたの配信品質を支える基盤となります。

快適さを追求するならば、将来的に配信内容が凝ったものになっても対応できるように、メモリの拡張可能性を持ったPCを選択することも賢明な判断です。

メモリスロットが複数用意されていると、ニーズに応じて追加購入して容量をアップグレードすることが可能です。

配信者のパフォーマンスを左右するメモリの選択は、快適なライブ配信の秘訣のひとつであり、その影響は配信品質に直結します。

ライブ配信PCに適したメモリ容量を把握し、配信のアイデンティティを構築するためにも、ぜひ推奨される設定を心に留めておいてください。

そうすることにより、視聴者に最高のライブ配信体験を提供することができるでしょう。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

コスパ最強ライブ配信PC

コスパ最強ライブ配信PC

予算別おすすめモデル

ストリーミングの世界で栄えるためには、適切なライブ配信PCを選ぶことが不可欠です。

コストパフォーマンスに優れたPC選びは、長時間の配信活動において、快適な画質と安定したパフォーマンスを確保するキーとなります。

さて、多様な予算にマッチしたモデルを見ていくことで、配信に必要な要素を抑えつつも、価格のバランスを取ることができます。

初めて配信を始める方やコストを抑えたい方に最適なのが、XXモデルです。

このPCは必要十分なスペックを持ちながらも、手が届きやすい価格帯が魅力。

中級者には、YYYモデルがお勧めです。

このマシンは高い処理能力を持ち、複数のカメラや高画質ストリーミングにも対応します。

配信者と視聴者の双方に快適な体験を提供するでしょう。

また、プロレベルの配信を目指す方には、ZZZモデルが最適です。

この高性能PCは、最高の画質とスムーズな配信を求めるユーザーに対応し、長時間の使用にも耐えうる耐久性を持っています。

どの予算層にもマッチするライブ配信PCは存在し、その中から最も自身のニーズに合ったものを選ぶことが重要です。

これらのおすすめモデルを参考にして、視聴者に印象深い配信を届けるパートナーを見つけてください。

妥協なく最適な選択をすることが、快適なライブ配信の第一歩となるでしょう。

サブストリーマーに適した選択

ライブ配信PCというと、スペックの高さや拡張性、耐久性など、多くのポイントをチェックしながら選ぶ必要があります。

特にサブストリーマーたちにとって、コストパフォーマンスに優れたマシンは重要な選択肢となります。

サブストリーマーに適したPCは、まずリーズナブルな価格帯でありながら、基本的な配信作業をスムーズにこなすために必要十分な性能を持つべきです。

例えば、マルチタスク処理能力に優れた中級レベルのCPU、ストリーミング中のエンコーディング作業がスムーズに行えるGPU、そして安定した配信を支える十分なRAMと高速で読み書きが可能なSSDを搭載していることが望ましいです。

ライブ配信の品質を左右する上で、高解像度のカメラや音質の良いマイクといった周辺機器の選択も大切ですが、それらのデバイスをサポートする心臓部とも言えるPCには、最新のソフトウェアに対応し、アップデートやカスタマイズを容易に行えるような拡張性も重要です。

なおかつ、サービスや故障が発生した際のサポート体制も見逃せません。

信頼性の高いメーカーの製品を選ぶことは、長期にわたる配信活動において安心感をもたらします。

サブストリーマーにとっては、始めやすい価格でありつつ、後々のアップグレードも視野に入れられるようなモデルがベストです。

追加投資を最小限に抑えながらも、質の高い配信を実現できるマシンこそが、コスパ最強ライブ配信PCと言えるでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47EF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47EF

ハイスタンダードなゲーム体験を叶える、強力スペックのゲーミングPC
32GBメモリと最新RTXで、あらゆる作業が滑らかに、均整のとれた高性能モデル
静音とスタイルを兼ね備えるAntecのミドルタワー、デザイン性にもこだわった選択
最新のCore i5 14400Fが、遊びも仕事もスムーズな処理速度を提供

【ZEFT Z47EF スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースAntec P10 FLUX
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47EF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ASA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ASA

ハイバリュー・スタンダードで遊びと仕事をこなす、多用途ゲーミングPC!
大容量メモリと新世代CPU、バランスに優れたスペックでパフォーマンス抜群
透明なサイドパネルが光り輝く、洗練されたミドルタワーデザイン
リファインド・パワーを秘めた最新i5、コア性能で高速処理を実現

【ZEFT Z45ASA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ASA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYD
【ZEFT Z47BYD スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFM

力強いパフォーマンスを秘めた、ハイセグメントなゲーミングPC
最先端を行くスピードと堅牢性、これが真のスペックバランス
透明感あふれるデザイン、美しさとパワーを兼ね備えたマシン
多忙な日々を駆け抜ける、Core i9の驚異的な速度体験

【ZEFT Z45DBFM スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFM

高品質ストリーミング向け究極のPC

高品質ストリーミング向け究極のPC

4K配信対応パソコン

ライブ配信の世界で注目を集めるのは、間違いなく4K配信が可能なパソコンです。

高精細な映像は視聴者にとって真の臨場感をもたらし、配信者としては差別化の大きな鍵となります。

現在、スタンダードな1080pの2倍以上の解像度を誇る4K配信は、視聴者に最高品質の体験を提供するために必要不可欠です。

4K配信対応のパソコンを選ぶ際、重要なのが強力なグラフィックスカードと充分な処理能力を持つCPUです。

これらは高解像度のライブ配信データをスムーズに処理し、快適なストリーミングを実現します。

さらに、大量のデータを一瞬で送り出すためには、高速なインターネット接続はもちろんのこと、十分なメモリと速い書き込み速度を誇るSSDが推奨されます。

ストリーミング中に生じる熱問題への対策も欠かせないため、優れた冷却システムを有するPCケースや、効果的な空冷、水冷ファンが重要です。

視聴者を魅了する配信を続けるためにはそれに見合うパフォーマンスを持った機材選びが肝心です。

このようなスペックを持ち合わせたPCは、確かに価格は高めですが、長期的な視聴者の獲得と満足度の向上につながるため、ライブ配信に本気の方には投資に値するといえるでしょう。

4K配信対応パソコンは、配信の品質を劇的に変化させ、視聴者を引きつけるプロフェッショナルなコンテンツ制作には不可欠な要素です。

複数カメラ配信に便利なPC構成

高品質なライブ配信を遂行するには、複数のカメラを同時に扱う能力が不可欠です。

特に、配信者が動きながら視聴者にダイナミックな視点を提供したい場合や、イベントの多角的な中継を望む際に、この機能は極めて重要になります。

幾つかのカメラを効率的に管理するためには、充分なUSBポートの数や、帯域幅を持つことが求められることから、標準的なPCではなく、特にこの目的に合わせた設計が施されたPCが適しています。

なお、高解像度の画像をスムーズに配信するためには、強力なグラフィックカードが不可欠です。

フルHD以上の高解像度ビデオを複数配信する場合、処理能力の高いグラフィックカードが複雑なデータを即座に処理し、視聴者にクリアな映像を届ける役割を担います。

また、信頼性の高い高速インターネットアクセスは、遅延なく配信するためにも重要な要素となります。

さらに、複数のストリームを扱う際には、強力なマルチコアプロセッサと十分なメモリが要求されます。

これらのコンポーネントが高性能であればあるほど、同時に行われる複数のタスクを快適に処理することが可能であり、エンコードやライブ配信ソフトウェアの実行も滑らかになります。

最後に、こうした多目的で高負荷な使用条件に見合う冷却システムを備えたPCを選ぶことも、長時間にわたる配信作業における安定性を保証するためには欠かせません。

結論として、複数カメラ配信を軽々とこなし、質の高いライブストリーミング体験を実現するには、これらの要点を押さえたPC構成が推奨されます。

これにより、配信者は技術的な障壁に気を取られることなく、内容に集中して視聴者に価値ある体験を提供することができるでしょう。


ライブ配信PCのカスタマイズ

ライブ配信PCのカスタマイズ

ストリーム専用機の構築方法

ライブ配信PCのカスタマイズでは、ストリーム専用機の構築が中心となります。

まず、安定した高画質の配信を実現するためには、強力なグラフィックカードが欠かせません。

また、複数アプリケーションの同時利用が通常となる配信作業を快適に行うためには、十分なメモリ容量の確保が不可欠となります。

配信ソフトウェアやゲームが同時に動作しても余裕を持って対応することができるよう、最低でも16GBのメモリを推奨します。

さらにストリーミングの心臓部であるCPU選びも重要です。

多くのストリーマーは、高いマルチタスク性能を持つCPUを選択し、配信時のエンコード処理がスムーズに進むよう配慮しています。

例えば、最新のマルチコアプロセッサは配信中の処理能力を大きく引き上げます。

快適な配信を維持するためには、ゲームと配信を同時に行うならば、8コア以上のCPUが望ましいでしょう。

また、長時間にわたる配信を考慮すると、冷却システムの強化も大切です。

高性能な部品を使用すればするほど熱を生み出すため、効率的な空冷や液体冷却システムの採用はPCのパフォーマンスと耐久性を保つために必要です。

これらの要素にプラスして、高速なインターネット接続が成功の鍵となります。

有線のイーサネット接続が理想的であり、安定したアップロード速度は快適な視聴体験を提供し、視聴者の満足度向上に直結します。

ストリーム専用機を構築する際には、これらの要件を細心の注意を払って選択することが重要で、それが視聴者への最高の配信体験をもたらすことに直結します。

そして、これらのコンポーネントを高い専門性で選び、組み合わせることがストリーミングPCをカスタマイズする醍醐味でもあります。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

高性能ゲーミングPC、究極の戦闘力を低ラグで制御するマシン
32GBのRGBメモリが煌く、均整の取れた超速スペック搭載
透明なサイドパネルで光る内部、スタイリッシュなホワイトケース
Ryzen 9の力強いパフォーマンスであらゆるタスクを滑らか処理

【ZEFT R54B スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AP

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AP

編集力と応答性を兼ね備えたエキスパートランクのゲーミングPC
RTX 4070Ti搭載で視覚を圧倒、メモリは16GBで快適プレイの楽園へ
静寂を纏うAntec P10 FLUXケース、洗練されたサイドパネルで静音美学を実現
新世代Core i7-14700KFが描く、スムーズなる高速処理の彩り

【ZEFT Z45AP スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6600Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AP

パソコンショップSEVEN ZEFT R54C

パソコンショップSEVEN ZEFT R54C

ゲームを極めるアドバンスドミドルランクモデル、戦場を支配するゲーミングPC
選ばれし32GBメモリ、駆け抜ける1TB SSD、絶妙なスペックのハーモニー
純白ハイエンドケースが放つ、クールな美しさと圧倒的存在感のNZXT H9 ELITE
Ryzen 9 7900X、マスターピースグレードのパフォーマンスを掌握せよ

【ZEFT R54C スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54C

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DBC

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DBC

エンターテイメントを極めるハイスタンダードゲーミングPC
高速32GB DDR5ミラクルメモリ&1TB NVMe SSDで、スムーズに応えるハイパフォーマンス
スタイリッシュなキューブケースで、コンパクトさと存在感を両立
最新の力、Ryzen 5 7600が切り拓く性能の新境地

【ZEFT R56DBC スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DBC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AE

高速処理を駆使するアドバンスドレベルのゲーミングPC、プレイも作業もスムーズに
バランスに優れ、妥協なき32GBメモリと1TB SSDの組み合わせで快適性を追求
NZXT静謐の白、清潔感溢れるデザインのコンパクトケースに性能の光を宿す
Core i7の力強さをギュッと詰め込んだ、マルチタスクにも強いマシン

【ZEFT Z47AE スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AE

アップグレード可能なPCパーツ

ライブ配信で圧倒的な魅力を発揮するPCを求める時、アップグレード可能なパーツは重要な選択基準となります。

配信用PCの性能拡張を狙うならば、まずは中核となるCPUから考えることが肝心です。

高い処理速度と複数のコア数を有するCPUは、複数のアプリケーションをスムーズに同時に動作させることができ、特に複雑なシーンをライブ配信する際に力を発揮します。

次に注目すべきは、グラフィックス処理能力を司るGPUです。

なかでもストリーミング向けに最適化された高性能なグラフィックスカードを選び、動画の品質を確保することが、視聴者に快適な視聴体験を提供する秘訣です。

また、ストレージの拡張も見過ごせません。

高速なSSDは起動時間の短縮やデータの読み書き速度の向上に貢献し、配信中の不意なカクツキを最小限に抑えます。

さらに大容量化することで、録画した動画の保存も余裕をもって行えるようになります。

メモリも配信PCの快適操作には不可欠なパーツです。

メモリ容量が多ければ多いほど、複数の作業を同時に行っても快適に作業が可能となり、ライブ配信時のマルチタスクをスムーズにこなせます。

これらのパーツはそれぞれがライブ配信におけるパフォーマンスを左右するため、アップグレードを視野に入れたPC選びは配信クオリティの向上に直結します。

信頼のおけるブランドを選び、将来的なアップグレードの余地を確保することで、ライブ配信の可能性は無限に広がっていくのです。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

配信環境に最適なPC周辺機器

配信環境に最適なPC周辺機器

必要不可欠な周辺機器リスト

配信環境を整えるために最適なPC周辺機器の選択は、ストリーミングの質を高める上で非常に重要です。

高性能なWebカメラは、明瞭で鮮明な映像を提供し、視聴者にプロフェッショナルな印象を与えます。

音声に関しては、クリアでノイズのない音質を実現するコンデンサーマイクが欠かせません。

このマイクタイプは、微細な音まで拾うことができるため、視聴者にとって心地良く聞き取りやすい放送を実現します。

また、高品質のヘッドフォンは配信中の音楽や音声の調節がしやすくなるため、配信者としてのパフォーマンス向上に寄与します。

キーボードやマウスは耐久性があり、快適な操作が可能なものを選ぶと、長時間の配信にも疲れにくくなります。

配信中の煩わしさを軽減し、より集中して視聴者へのエンゲージメントを深めることができるでしょう。

照明は見過ごしがちですが、充分な明るさと適切な配置は、映像のクオリティを格段に引き上げる要素です。

ソフトボックスやリングライトを使用することで、顔の陰影を自然に整え、魅力的な映像を作り出すことができます。

無論、PC本体の性能も忘れてはなりませんが、これらの周辺機器は視聴者に最高の体験を提供し、自身のライブ配信を際立たせるためにも、必ず検討すべきアイテムです。

ライブ配信で役立つアクセサリー

ライブ配信で役立つアクセサリーと聞くと、視聴者に最高の体験を提供するため、配信者のパフォーマンスを最大限に引き出せるような道具が思い浮かぶかもしれません。

確かに、高品質のウェブカメラやマイクは不可欠ですが、持続可能な配信活動にはそれだけでは足りません。

目を凝らせば、普段見落としがちなアクセサリーたちが、配信のクオリティを桁違いに上げる手助けをしているのを見つけることができます。

例えば、快適な長時間配信を実現するためのエルゴノミックなチェアは体を支え、疲れを軽減する重要な役割を果たしています。

配信中の照明をコントロールするためのリングライトは、明るく均一な照明を提供し、カメラの映りをプロレベルに引き上げます。

さらに、映像を切り替えるストリームデッキは、プロダクションの質を高めるだけでなく、配信者の操作も直感的にし、配信に集中できる環境を作り出します。

これらは表立っては脚光を浴びませんが、配信の質を上げるためには欠かせないアクセサリーたちです。

また、見落としがちなアクセサリーとしてケーブルマネジメント用具も挙げられます。

配線が整然としていると、トラブル発生時の対応がしやすく、清潔でプロフェッショナルな配信環境を維持できる利点があります。

効果的なアクセサリーの存在は目に見えにくいかもしれませんが、信頼できる配信環境を構築するには不可欠であり、配信のプロフェッショナリズムを支える礎となるのです。

成功したライブ配信では、見た目の華やかさと同じく、裏方の小道具たちが大きな役割を果たしているのです。

舞台裏の英雄たちを上手く操ることが、華やかな配信活動の秘訣であり、配信者にとっての真の武器となります。

配信ソフトウェアとPCの相性

配信ソフトウェアとPCの相性

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45A

最新の技術と実用性を兼ね備えたゲーミングPC?理想のパフォーマンスを提供するモデル
あらゆるゲームに対応する均整の取れたスペック?16GBメモリと1TB NVMe SSDで快適プレイ
眺める楽しみもプラス?クリアパネルを採用したミドルタワーケースで、その美しさに注目
Core i5 14600KFを搭載?最新ゲームもこれ一台でスムーズに動かす力強いCPU

【ZEFT Z45A スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GM

ゲーマーの心を弾ませる、ハイスタンダードなパフォーマンスを持つゲーミングモデル
圧巻のVGAと高速CPUのコンビが生む、まさにゲームとの運命的なバランス
小さな箱に大きな可能性、洗練された白のキューブケースが卓上を彩る
効率的な演算力、Core i5の最新が拓くスムーズなマルチタスクの世界

【ZEFT Z47GM スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAU

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAU

処理速度と映像美の融合を実現した、高性能ゲーミングPC
RTX 4060Ti搭載、バランス良く高性能なスペックが魅力
明るく輝くインテリアも映える、エアフロー設計のCorsair 4000D筐体
タスクを速攻処理、Core i7 14700KFが心強い味方

【ZEFT Z45DAU スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAU

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCG

アドバンストスタンダードセグメント、究極の滑らかゲーム体験をコミットするゲーミングPC
RTX 4060Tiが映し出す鮮明なゲーム世界、快適32GBメモリが支える高速バランスモデル
NZXT H6 Flow Whiteケースでスタイリッシュながら、ゲームも日常作業もスムーズに処理
2023年の新星、Core i5 14600KFがプレイを次のレベルへ導く

【ZEFT Z45DCG スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GB

ハイスピードなゲーム体験を望むあなたに、高性能ゲーミングPC
手に入れたい最適なバランス!32GBメモリと1TB NVMe SSDで無敵な動作速度
静かなる強さ、CoolerMasterのSilencio S600で見た目もパフォーマンスもスマート
快速無比!Core i7-14700KFが切り開く極上のマルチタスク環境

【ZEFT Z45GB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GB

主流のストリーミングソフトウェア比較

配信ソフトウェアとPCの相性は、ストリーミングの質と安定性に直結します。

主流のストリーミングソフトウェアであるOBS Studio、XSplit Broadcaster、Streamlabs OBSは、それぞれ独自の特徴と利点を持ち、ユーザーのニーズに応じた選択が可能です。

OBS Studioはオープンソースで、カスタマイズ性が高く多機能ですが、初心者にとっては設定が複雑に感じる場合もあります。

対して、XSplit Broadcasterは直感的なインターフェースを持ち、特に高画質の配信を求めるユーザーに好評ですが、全機能を使用するためには有料ライセンスが必要です。

一方でStreamlabs OBSは、初心者向けのユーザーインターフェースを提供し、チャットとの統合など配信者が求める多くの機能を簡単に使用できるため、配信を始めたばかりの方には最適です。

しかしながら、これらのソフトウェアをフル活用するためには、適切なスペックを持ったPCが不可欠です。

例えば、XSplitを使用する際には、高いCPUとメモリ容量を求められる場合が多く、それに対応したPC選びが求められます。

また、多くの配信者が使用するゲーム配信のシナリオでは、ゲームを快適に動かすと同時に、ストリーミングに必要な処理も行える多コアのプロセッサや強力なグラフィックスカードが推奨されます。

このように、配信ソフトウェアごとに最適なPC環境が異なるため、自身の配信スタイルや求める品質を理解した上で、適した機種の選択が重要です。

これらを考慮し、ライブ配信に特化した高性能PCを選ぶことで、視聴者に高品質な配信体験を提供できるでしょう。

ソフトウェアに応じたPCスペック

ソフトウェアに応じたPCスペックを選ぶことは、ライブ配信での快適なパフォーマンスを実現するために欠かせません。

例えば、高品質な配信を目指すならば、OBS StudioやXSplitなどの配信ソフトウェアが要求するCPUのコア数やクロックスピードを考慮する必要があります。

これらのソフトウェアは複数のタスクを同時に処理する能力が求められ、特に1080p以上でのストリーミングを行う場合、クアッドコア以上のプロセッサが推奨されます。

また、グラフィックスカードも重要な要素です。

高解像度や複数のカメラアングルを扱う配信では、強力なGPUがリッチなビジュアルをスムーズに処理して、視聴体験を向上させます。

NVIDIAやAMDの最新世代のグラフィックスカードは、エンコーディングの負担を軽減し、CPUの負担を低下させるために、専用のエンコードチップを搭載しています。

メモリも見落とせない要素であり、ライブ配信では通常の使用よりも多くのメモリが必要です。

フルHD配信を快適に行うには最低でも8GBのRAMが必要ですが、より高度なマルチタスクや4K配信を考慮するならば16GB以上を目安にすると良いでしょう。

最後になりますが、高速なストレージも配信の質に影響を与えます。

SSDはHDDに比べて読み書き速度が圧倒的に速く、ソフトウェアの起動やデータのロードにかかる時間を大幅に短縮することができます。

ライブ配信には特に高速なSSDを推奨し、遅延の少ない配信環境をサポートする鍵となります。

以上の点を踏まえると、配信ソフトウェアとの相性を考慮したPCの選定は、ストリーミングの品質を大幅に向上させることができ、視聴者に快適な視聴体験を提供する立役者となるでしょう。

ゲーミングPCとライブ配信

ゲーミングPCとライブ配信

ゲームプレイ配信に必要な性能

ゲームプレイ配信に最適なライブ配信PCを選ぶ際、多くのストリーマーが直面するのが、快適なゲームプレイと高品質な配信を同時に実行するために必要な性能を備えたマシンを見つけることです。

まず考慮すべきはプロセッサです。

ライブ配信では、複数のアプリケーションを同時に動かすためにマルチタスクをこなす能力が要求されます。

そのため、最低でも六核を搭載したCPUが推奨されますが、ストリームのクオリティやゲームの要求性能によっては、より高性能なものが望ましいです。

次に、グラフィックカードに目を向けます。

ゲームを滑らかにプレイしつつ、視聴者にもその鮮やかさをしっかりと届けるためには、中~高レンジのグラフィックス性能が求められます。

NVIDIAやAMDから出ている最新のグラフィックスカードは、エンコード機能を内蔵しており、CPUの負荷を軽減しながら高品質なストリーミングが可能です。

また、ライブ配信ではストリーミングソフトウェアがリアルタイムで動画をエンコードするため、大量のメモリを要します。

なので、16GB以上のRAMを搭載したPCが望ましいですが、24GB以上を搭載しているとより安心です。

迅速なデータ読み込みも重要で、SSDの高速ストレージは、配信中のロード時間を短縮し、体験を向上させます。

冷却システムについても、長時間のゲームプレイとライブ配信はPCに熱を持たせがちです。

適切な冷却機能を持ち合わせたPCを選ぶことで、パフォーマンスを最適化し、ハードウェアの寿命を延ばすことができます。

これらの要素を組み合わせ、適切なライブ配信PCを選ぶことで、配信者も視聴者も満足のいくストリーミング体験を得ることができます。

プロフェッショナルな配信を目指すなら、これらの性能に見合った機材選びが鍵となるでしょう。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam


おすすめゲーミングPCブランド

ゲーミングPCの世界は、まるで最新のテクノロジーとクリエイティビティが融合したアートのようですね。

ライブ配信をより鮮明に、そしてスムーズに楽しむためには、適切なゲーミングPCの選択が不可欠です。

その中でも特に注目すべきブランドがあります。

まずは、常にイノベーションの最前線を走り続けるパソコンショップSEVENのZEFTです。

彼らは見た目にもパワフルなデザインで知られ、その性能はプロのストリーマーからも高い評価を得ています。

高品質なグラフィックスと圧倒的な処理能力は、あらゆるゲームやソフトウェアを快適に動かすでしょう。

次に挙げるのは、カスタマイズ性に富んだマウスコンピュータのG-Tuneです。

ユーザーのニーズに合わせて部品を選び、自らの配信ツールとして最適化する楽しみがあります。

彼らの提供する多様な選択肢は、あらゆる配信スタイルにマッチし、個性豊かなライブ配信を実現します。

そして、信頼性とサポートにおいて評価が高いのがASUSのROGシリーズです。

高い耐久性と安定したパフォーマンスは、長時間の配信でもストレスなく活用可能であり、トラブルがあった際のサポートもしっかりしているため、配信者に安心感を提供します。

ライブ配信PCを選ぶ際には、これらのブランドをぜひ参考にしてみてください。

彼らが提供するマシンは、配信者の想像力を限界なく引き出し、視聴者に最高の体験を届ける鍵となります。

エンターテインメントの質をワンランク上げるためには、確固たるパフォーマンスを誇るこれらのゲーミングPCに目を向けることが、成功への第一歩です。

プロストリーマー推奨のライブ配信PC

プロストリーマー推奨のライブ配信PC

業界トップストリーマーの使用機材

業界トップストリーマーたちが選んでいる機材からは、高品質なライブ配信への深いこだわりが垣間見えます。

それらの配信PCには、複数の高解像度カメラや高音質なマイク入力を同時に扱える高い処理能力が求められます。

また、エンコーディングに特化した強力なグラフィックスカードを備え、ゲームプレイと配信の両立をスムーズにこなせる性能が不可欠。

さらには、長時間の配信にも耐えうる耐久性や冷却機能の優れた冷却システムが重宝されています。

こうした配信マシンには、個々のストリーマーのニーズに応じたカスタマイズが施されることも珍しくありません。

幅広い視聴者層を魅了するための工夫が随所に感じられ、例えば、美しいグラフィック表示が求められるゲームを配信する際には、最新のRTXシリーズなどのグラフィックスカードの搭載が不可欠。

低遅延で快適な配信を実現するためには、十分なメモリと強力なマルチコアのCPUが備わっていることもポイントです。

さらに、配信においては、予期せぬトラブルへの迅速な対応能力もマシンの信頼性を表す重要な要素。

トップストリーマーが好むPCは、システムの安定性を保つための高品質なコンポーネントで組み立てられており、繋がった視聴者とのコミュニケーションを一瞬たりとも途切れさせないよう設計されています。

こうして、ライブ配信の最前線で活躍するストリーマーたちは、彼らの専門性を反映した最適化された機材を用いて、世界中のファンを魅了し続けています。

これらの情報から、視聴者の期待を超える配信を目指す方々にとって、選び抜かれた機材を理解し、自らのセットアップに取り入れることが、成功への道を拓く重要なステップになるでしょう。

信頼性の高いブランドとモデル

ライブ配信の世界では、信頼性の高いPCが成功への鍵を握ります。

そのためにも慎重に選ばれたブランドとモデルが推奨されます。

例えば、Alienwareはそのパワフルな性能と堅牢な構造で多くのプロストリーマーから支持されており、特にAlienware Auroraシリーズは高い拡張性と安定した運用性を兼ね備えていることから高評価です。

また、HPのOMENシリーズは、シームレスな配信を実現するために必要な高速処理能力を備え、優れた冷却システムで長時間の使用にも耐えうる設計がなされています。

一方で、カスタマイズ性に富む組み立てPCも選択肢として登場しています。

例えば、ORIGIN PCはユーザーの要望に応じて最適なスペックを構築でき、ストリーミング用に最適化されたハードウェア構成を提供しています。

これらのカスタムPCは、中核となるCPUやGPUだけでなく、放熱性や騒音レベルに至るまで細部にわたる配慮が施されているため、配信の品質を左右する要素を高いレベルでコントロールできるというメリットがあります。

長時間の配信で求められる耐久性や、最新ゲームをスムーズにプレイできるパフォーマンス、さらには不測のトラブルに迅速に対応できるサポート体制といった、ライブ配信に必須の要素を網羅したPCは限られています。

選び抜かれたこれらのブランドとモデルは、ストリーマーが配信内容に集中できる安心感を提供し、視聴者に最高のエンターテイメントを届けるための頼もしい道具となっています。

ストリーミングの品質を左右するPC選びは、慎重に行いたいものです。

ライブ配信用PCの持続可能な選び方

ライブ配信用PCの持続可能な選び方

将来性を考えたスペック選定

時代の先を読むスペック選定は、将来性を保証する重要な要素です。

ライブ配信用PCの性能は、選ぶことで配信の品質と視聴者体験が大きく左右されるため、未来に渡ってもスムーズなパフォーマンスを維持するためには、先進の技術に着目することが必須です。

特に、マルチタスクに必要な高い処理能力を持つCPU、迅速なデータアクセスが可能なSSD、ダイナミックなグラフィックを出力するための優れたGPUなどは、妥協せずに選ぶべきコンポーネントです。

また、ライブ配信ではハイレゾな映像を扱う可能性があるため、十分な解像度と速度を持つモニターや、長時間の配信でも熱暴走せず安定稼働するような優れた冷却システムも考慮に入れるべきです。

さらに、ソフトウェアの更新や次世代のアプリケーションにも対応可能な拡張性を有することも、将来性を見据えたポイントになります。

拡張スロットや接続ポートの豊富さは、将来的な周辺機器やストレージの追加をスムーズに行うためにも重要です。

過去のトレンドに囚われず、配信技術の急速な進化を見越した選択は、ライブ配信PCとしての長期にわたる有効活用を実現します。

そして、その先見性は、より多くの視聴者を惹きつけ、配信者としてのブランドを高めるでしょう。

だからこそ、賢明な将来性を考えたスペック選定は、単なるPCの構成を超えた意義を持つのです。

長期に渡って活躍するPCの特徴

長期に渡って活躍するライブ配信PCの特徴は、まず高速かつ安定した処理能力が挙げられます。

最新ゲームはもちろん、複数アプリケーションの同時使用が可能であるマルチコアのプロセッサを搭載することで、配信のクオリティが格段に向上します。

また、ライブ配信における映像の鮮明さを左右するグラフィックカードも、高い解像度とフレームレートの維持が求められるため重要です。

さらに、対応するソフトウェアやサービスの更新によるシステム要求の変化にも柔軟に対応できる、余裕のあるメモリ容量とストレージも不可欠な要素となります。

耐久性においても考慮が必要で、PCの物理的な耐久性に加え、拡張性も重要です。

将来的なアップグレードを見越して、拡張スロットの余裕があるケースや、電源ユニットの強化が容易な構造を選びます。

さらに、オーバークロック機能や高効率の冷却システムを備えていることで、パフォーマンスの限界を引き上げつつ、長時間の使用による機器の熱負荷を軽減できます。

適切な保守とアフターサービスも見逃せません。

定期的なクリーニングやファームウェアのアップデートに対応し、問題が生じた際に迅速に対応できるサポート体制を整えることで、PCが長きにわたって頼れるパートナーとして機能し続けるでしょう。

ライブ配信に適したPCを選ぶにあたっては、これらの要素を総合的に判断し、将来を見据えた購入を心がけることが大切です。

あわせて読みたい

音楽制作PC戦略 DTMアーティストのためのおすすめ機種とスペック

BTOパソコンチョイス

初心者からプロまで! ゲーミングPC配信用おすすめセットアップ

ゲーミングPC評価ブログ

プロの視点! 配信に最適なゲーミングPCをおすすめします

ゲーミングPCフリーク

カスタマイズ可能なフル機能! おすすめBTOパソコン比較表

ゲーミングPC Tier1

プロゲーマーのためのおすすめBTOゲーミングPC選定法

BTOパソコンチョイス

ハードコアゲーマー必見! おすすめBTOゲーミングPCスペック解析

ゲーミングPC.jp

ビデオ編集者の夢を叶えるPC おすすめモデルの秘密

ゲーミングPCフリーク

ビジネスの新常識 2024年おすすめパソコンカタログ

ゲーミングPC Tier1

BTOパソコンとは?初心者から上級者まで理想の構成を見つけるテクニック

ゲーミングPC評価ブログ

極上のゲーム体験を実現! おすすめデスクトップゲーミングPC選定法

BTOパソコンチョイス

コスパ最強! ビジネスで活躍するおすすめパソコン特集

ゲーミングPC Tier1

知識ゼロからのWindows PC選び 初心者向けの完全ガイド

ゲーミングPCフリーク

おすすめライブ配信PCトップピック ストリーミングを支配する選択

ゲーミングPC評価ブログ

ビデオクリエイター必携! おすすめビデオ編集PCラインナップ

BTOパソコンチョイス

性能重視! 究極のゲーミングPC選び方

ゲーミングPC.jp

ゲーミングで勝つ! デスクトップPCのスペック別おすすめモデル

ゲーミングPCフリーク

ゲーム実況パソコンを選ぶコツ トップ実況者が推薦するおすすめモデルは?

BTOパソコンチョイス

おすすめデスクトップゲーミングPC エリートゲーマーの必需品

ゲーミングPCフリーク

コスパ最強! おすすめデスクトップパソコン選び方

ゲーミングPC Tier1

動画編集PCの最前線 2024年版トレンドとおすすめ商品

ゲーミングPC評価ブログ

動画編集からアニメーションまで 映像クリエイターのパソコン完全攻略

BTOパソコンチョイス

おすすめBTOパソコン2010年版 究極の選び方

ゲーミングPC.jp

必要スペックから価格まで Youtube用おすすめPC大公開

ゲーミングPC Tier1

ハイスペックを求める者へ おすすめBTOゲーミングPCカタログ

ゲーミングPC評価ブログ

おすすめフルカスタマイズBTOパソコン パワーユーザー向け選択術

ゲーミングPCフリーク

学生からプロフェッショナルまで! Windows PCの選び方とおすすめモデル

BTOパソコンチョイス

PC選びで差がつく! AIイラスト生成を加速する究極のスペック解説

ゲーミングPC.jp

ビジネス向けおすすめCore i7 PC 投資する価値あり!

ゲーミングPC Tier1

究極のゲーム実況体験! トップレベルおすすめPC紹介

ゲーミングPCフリーク

カスタマイズで選ぶ自由度! 注文パソコンで理想のセットアップを実現

BTOパソコンチョイス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次