動画制作者向けパソコンの必須要素 速度・安定性・拡張性

目次

動画制作者が求めるパフォーマンスの基準

動画制作者が求めるパフォーマンスの基準

CPU 速度が影響する動画編集のフロー

CPUの速度が動画編集のフローに与える影響は計り知れません。

編集作業では、複数のプロセスが同時進行し、高解像度の映像データを扱います。

こうしたデータは膨大な計算処理を必要とするため、パフォーマンスの高いCPUは、時間と手間を大幅に削減してくれるのです。

たとえば、エフェクト適用やカラーグレーディングなどの処理を考えてみましょう。

これらはリアルタイムでのプレビューやレンダリングが求められ、CPUの速度が速ければ速いほど、待ち時間が短縮され、制作のイテレーションを速めることができます。

また、マルチコアのCPUは、複数のタスクを同時に処理することで作業効率を上げることが可能です。

動画編集では、エンコーディングやエクスポートといった作業をバックグラウンドで行いながら、他の編集作業に取り組むことが一般的です。

そのため、マルチタスキングに強いCPUは、制作フローをスムーズにし、クリエイティブな作業に集中できる環境を提供するのです。

4K、8Kといった高解像度の動画制作が当たり前になってきた現状では、高速なCPUはもはや必須条件です。

プロセッサの性能が作品の品質や完成までの時間に直結するため、動画制作者の皆さんは、パフォーマンス要件に見合ったCPU選びに細心の注意を払う必要があります。

結局のところ、創造性を最大限に発揮するためには、ハードウェアがその支えとなるわけですから、適切な投資が将来の作品の質を左右すると言っても過言ではありません。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41202 2410 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41151 2351 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41151 2351 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38618 2072 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38542 2043 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35536 2228 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35536 2228 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33786 2202 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33786 2202 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32559 2096 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32559 2096 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29276 2034 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28876 1964 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27056 2039 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24658 2097 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24658 2097 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22092 1944 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20378 2010 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19520 1932 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17744 1811 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16057 1773 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16057 1773 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15299 1976 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9081 1742 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9081 1742 公式 価格

GPU 高速グラフィック処理とレンダリング性能

GPUは動画制作者にとって、作品のクオリティを飛躍的に高める重要な要素です。

動画編集や3Dモデリング、アニメーション制作などのソフトウェアは、高度なグラフィック処理能力を要求し、この処理能力がパフォーマンスの鍵となります。

特に、4Kや8Kといった高解像度の動画を滑らかに編集し、素早くレンダリングするためには、強力なGPUが必要不可欠です。

GPUは単に画面への表示速度を高めるだけではなく、エフェクトのリアルタイムプレビューやビデオエンコード、色彩の精密な調節といったタスクを行う際にも、そのパワーを発揮します。

また、多くの動画編集ソフトがGPUの力を借りて、より高速な処理を実現しており、これによってクリエイターは創造的な作業に集中できる時間を増やすことができます。

高品質な動画を短時間で出力するためには、CUDAコアやOpenCLといった技術を駆使するGPUが適しています。

これらは複雑な計算を多数のコアで同時に行い、効率的かつ速やかにタスクを完了させることを可能にします。

さらに、VRやリアルタイム3Dトラッキングといった最新の技術も、高性能なGPUの支えがあってこそ、その真価を発揮します。

動画制作者が高品質の作品を世に送り出すためには、GPUの選定が極めて重要です。

速度、安定性、拡張性という三大要素を満たすことで、制作のプロセスが劇的に改善されるでしょう。

そして、クリエイティブなビジョンを現実のものとするには、グラフィック処理のパワーは不動のパートナーとなるのです。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36176 73894 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30083 73191 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29130 68118 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26166 67299 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23728 55472 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19925 50322 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19235 50968 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17968 45739 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16988 42314 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13459 34501 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13458 34949 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13342 34319 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12463 30286 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10825 31641 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10654 28494 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10645 27415 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7335 19559 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6271 15992 130W 公式 価格

RAM マルチタスクと効率性を高めるメモリ容量

動画制作者が求めるパフォーマンスの基準を考える中で、RAM(ランダムアクセスメモリ)は不可欠な要素であります。

動画編集作業は処理能力を大量に要するため、適切なメモリ容量は作業のスムーズさを左右します。

一般的な文書作成やウェブ閲覧と比較し、動画制作は幾つものソフトウェアを同時に使用する機会が多く、このマルチタスク処理の効率を高めるためには、豊富なRAMが必要です。

動画編集では、大きな動画ファイルを扱うため、RAMが少ないとそのデータを一時的に置くスペースが不足し、作業のたびにハードディスクやSSDへの読み書きが頻発してしまいます。

これは処理速度の低下に繋がり、レンダリング時間の長さだけでなく、実際の編集作業の反応速度も鈍くなる原因となってしまいかねません。

特に、高解像度の映像を扱う4Kや8K編集、それに伴う複雑なエフェクトの適用、膨大な数のビデオトラックを同時進行で操作するような場合には、メモリの量が直接的に編集作業の快適性に影響を及ぼします。

さらに、現代の動画編集ソフトウェアは高度な機能を持っており、これらのプログラム自体が要求するRAMも無視できない量になっています。

したがって、動画編集を専門に行うパソコンにおいては、最低でも16GBのRAMを搭載することを推奨しますが、より複雑なプロジェクトに取り組む場合や、将来的な技術進展を見込んで余裕を持たせたい場合は32GB以上を目指すと良いでしょう。

安定した高パフォーマンスを求める動画制作者にとって、リッチなメモリ容量は創造性を解き放つための基盤となるのです。

安定した動作を支えるパソコンコンポーネント

安定した動作を支えるパソコンコンポーネント

ストレージ選び SSDの速度とHDDの容量

ストレージの選択は動画制作者が直面する重要な決断の一つです。

動画編集作業において、ストレージはただデータを保存する場所以上の役割を果たします。

特に、SSD(ソリッドステートドライブ)は高速アクセスに優れ、動画ファイルの読み込みや書き込み、アプリケーションの起動を迅速かつスムーズに行うために不可欠です。

一方で、HDD(ハードディスクドライブ)はSSDよりも読み書き速度は劣るものの、大容量のデータを格納するには理想的なコストパフォーマンスを持ちます。

プロの編集者にとっては、プロジェクトファイルや一時的なデータを扱う際の速度が成功のカギを握るため、システムと一部の作業ファイル用にはSSDを選ぶべきです。

オペレーティングシステムやアプリケーションの快適な動作を確保することで、作業効率の向上に直結します。

それに対して、アーカイブや未編集の映像データの保管にはHDDの大容量が適しています。

既に編集が完了したプロジェクトのバックアップや膨大な素材集を保存する際には、HDDのコスト効率と大量のストレージスペースが役立つのです。

最適なストレージ構成は、日々の作業フローに大きく影響し、耐久性と効率化のバランスが求められます。

そのため、高速なSSDと大容量のHDDを組み合わせて使用するハイブリッド構成が、多くの動画制作者のニーズに合致するのではないでしょうか。

最終的には、個々の作業環境と要求されるパフォーマンスに応じて、適切なストレージ選びが動画制作のクオリティと効率を決定づけることになるでしょう。

それゆえに、ストレージ選びは慎重に、しかし積極的に行うべきだと言えます。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

電源ユニット 安定供給で作業を中断させない

電源ユニットは、動画制作者がストレスなく作業を進めるためには欠かせないパソコンコンポーネントです。

この部品が安定した電力を供給することで、ハードドライブ、グラフィックカード、プロセッサーといった他の重要なパーツが最適な状態で機能し、結果として動画のレンダリングやエンコーディングといったリソースを要する作業もスムーズに進めることができます。

動画編集に必要なソフトウェアは、しばしば高負荷を伴いますので、途中でシステムが停止するといったことがあっては作業効率も大幅に損なわれてしまうでしょう。

ここで、電源ユニットの質が重要になります。

高品質なものを選ぶことにより、電圧の変動や突発的な電力の落ち込みからシステムを守り、連続した長時間作業にも耐えうる耐久性を保障してくれます。

特に、80 PLUS認証を受けた電源ユニットはエネルギー効率が高く設計されており、無駄な電力消耗を減らしながら安定供給を継続します。

これによって、動画制作におけるコスト削減だけでなく、作業中のリスクも軽減されるわけです。

また、動画制作においては、時間との勝負でもあります。

レンダリングにかかる時間が長ければ長いほど、制作者の貴重な時間が無駄に消耗されてしまいます。

ここで、電源ユニットの重要性が再び浮かび上がります。

システムにとって必要十分な電力を継続して供給することで、システムのパフォーマンスを最大限に引き出し、作業の停滞を防ぐことができるのです。

言い換えれば、良質な電源ユニットは動画制作者の時短という観点からも、価値の高い投資と言えるでしょう。

これらの点を踏まえ、動画制作者にとって最適なパソコンを構築する際には、電源ユニット選びに細心の注意を払うべきです。

安定した動作と効率的な作業の実現に向けて、選択を誤らないようにしましょう。

それが最終的に高品質なコンテンツの創出へと繋がりますから、動画を制作する全ての人にとって、重要なステップなのです。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47EF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47EF

ハイスタンダードなゲーム体験を叶える、強力スペックのゲーミングPC
32GBメモリと最新RTXで、あらゆる作業が滑らかに、均整のとれた高性能モデル
静音とスタイルを兼ね備えるAntecのミドルタワー、デザイン性にもこだわった選択
最新のCore i5 14400Fが、遊びも仕事もスムーズな処理速度を提供

【ZEFT Z47EF スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースAntec P10 FLUX
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47EF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ASA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ASA

ハイバリュー・スタンダードで遊びと仕事をこなす、多用途ゲーミングPC!
大容量メモリと新世代CPU、バランスに優れたスペックでパフォーマンス抜群
透明なサイドパネルが光り輝く、洗練されたミドルタワーデザイン
リファインド・パワーを秘めた最新i5、コア性能で高速処理を実現

【ZEFT Z45ASA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ASA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYD
【ZEFT Z47BYD スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFM

力強いパフォーマンスを秘めた、ハイセグメントなゲーミングPC
最先端を行くスピードと堅牢性、これが真のスペックバランス
透明感あふれるデザイン、美しさとパワーを兼ね備えたマシン
多忙な日々を駆け抜ける、Core i9の驚異的な速度体験

【ZEFT Z45DBFM スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFM

冷却システム 長時間作業でもパフォーマンス維持

安定した動作を支えるパソコンコンポーネントの中でも、特に重要なのが冷却システムです。

高いパフォーマンスを長時間維持するためには、過熱を防ぐことが不可欠です。

動画制作では、エンコードやレンダリングといった処理がCPUやGPUに高負荷をかけます。

これらの部品が熱を持つと、性能の低下やシステムの不安定さを引き起こす可能性があります。

良質な冷却システムは発熱を効率的に外部に逃がし、コンポーネントが適切な温度で稼動し続ける環境を提供します。

一般的に、空冷と水冷の二種類がありますが、高負荷作業が連続する動画制作においては、より優れた冷却効果をもたらす水冷の方が適していると言えるでしょう。

水冷システムは静音性にも優れており、集中して作業に打ち込む動画制作者にとっては、作業環境の快適性も向上させる一因となります。

さらに、冷却性能を最大化するためにはケースのエアフローの最適化も考慮する必要があります。

適切なファン配置とケース設計は、温度の上昇を抑えるだけでなく、ダストの蓄積による影響を低減するためにも重要です。

結果として、信頼性の高いパフォーマンスを維持し、動画制作のクリエイティブなプロセスをサポートする堅牢なパソコンを構築できるのです。

動画制作の効率を上げる拡張性とカスタマイズ

動画制作の効率を上げる拡張性とカスタマイズ

インターフェイスの多様性 接続オプションの重要性

動画制作の効率を上げるためには、パソコンのインターフェイスが多種多様であることが求められます。

画像や音声データを扱うことが多いため、高速なデータ転送が可能なUSB 3.1やThunderbolt 3といった端子が備わっていると、大容量のファイルもすばやく移動できます。

また、複数のモニターを利用することが一般的な中で、HDMIやDisplayPortなど複数の映像出力オプションを有していることも重要です。

快適な編集作業を考えた時、内部ストレージの拡張性も見逃せません。

動画編集ソフトは高速な読み書きを要求するため、SSDの追加スロットがあることで、将来性を見据えたストレージアップグレードが行えます。

さらに、メモリの増設も快適な動画編集には欠かせず、アクセスの多いデータを一時的に保存するメモリが十分でなければ、作業の効率は落ちてしまいます。

高品質な動画にはロングフォーマットが求められる場合が多く、そのためには処理能力と確実なデータ管理が不可欠です。

例えば、RAID対応のハードドライブスロットがあれば、データの冗長化によりセキュリティが向上し、万が一の故障にも対応できるようになります。

拡張カードを用いて、音声入力・編集に特化したサウンドカードや、追加のグラフィックスカードを装備することも可能で、特定の作業を高速化するカスタマイズが行えると、より精度の高い作品づくりが可能となります。

このように、インターフェイスの多様性は、動画制作者が臨機応変に環境を整えるための基盤を提供し、制作の幅と深さを広げるためには欠かせない要素です。

効率的かつクリエイティブな作業を実現するためには、これらの接続オプションを十分に考慮したパソコンの選択が重要となるでしょう。

拡張スロット 将来的なアップグレードのために

動画制作の効率を上げる上で、拡張スロットの有無は非常に重要な要素です。

拡張スロットを備えたパソコンでは、例えば将来的にメモリを増設したり、より高性能なグラフィックスカードに交換するなど、さまざまなアップグレードを実現することができます。

これは動画制作者としての柔軟性を大きく高め、常に最新の技術を取り入れることができるという意味で、長期的な視点で見ても非常に価値のある特徴です。

とりわけ4K、8Kといった高解像度の動画を扱う際には、データの処理能力とグラフィック処理能力が重要になります。

拡張スロットにより、これらの需要に即座に対応可能なパソコンに成長させることができるのです。

また、特定のインターフェースを必要とする外部デバイスを接続するためにも、拡張スロットは欠かせません。

たとえば専用のビデオキャプチャーカードやオーディオインターフェイスなど、専門的な動画制作に不可欠なツールを繋ぐためにも拡張スロットが利用されます。

さらに、将来的にはストレージの速度や容量が制作のボトルネックになることも予測されるため、迅速にSSDを追加できる拡張スロットの存在は、大量の映像データを扱うプロジェクトの効率化に寄与します。

結論として、拡張スロットは動画制作者が長期に渡って最高のパフォーマンスを維持するにあたり、そのパソコンの「生命線」とも言えるのです。

そのため、購入を検討する際には、十分な数の拡張スロットを確保している製品を選ぶことが推奨されます。


専用ソフトウェアとの互換性 編集作業の高速化

動画制作の効率を飛躍的に高める要素の一つが、専用ソフトウェアとの互換性です。

編集ソフトは動画制作者の創造性を具現化するための重要なツールとなり、パソコンの性能がこれらのソフトウェアをサポートしていなければ、制作プロセスは非効率的で時間の浪費となりがちです。

特に高解像度の動画を取り扱う際、ソフトウェアが要求するリソースは莫大となります。

そのため、パソコンは迅速かつ正確にデータを処理し、時間をかけずに結果を出す必要があります。

グラフィックプロセッサ(GPU)の高い計算能力、強力なマルチコアプロセッサ、十分なRAM容量は、複数のアプリケーションを同時に立ち上げ、複雑なエフェクトやレンダリングをスムーズに行うためには不可欠です。

また、ソフトウェアが最新の機能アップデートを行うごとにパソコンもそれに対応できるよう、ハードウェアのアップデートが容易に行える拡張性も重要です。

例えば、追加のメモリやストレージを簡単にインストールできることや、専用グラフィックカードの取り付けが可能な設計は長期的な視点で見ても経済的であり、作業の高速化に寄与します。

データのバックアップや転送の便利さも見逃せません。

高速なデータ転送を可能にするThunderboltやUSB-Cなどのポートは、大容量の動画ファイル作業にとっては時間の節約につながり、生産性の向上に直結します。

重要なのは、パソコンが単なる機械でなく、動画制作者の創造性を最大限に引き出し、具現化するための相棒となることです。

動画制作のプロセスにおいて、まさにそれが求められるのです。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBI
【ZEFT Z45DBI スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6600Gbps WD製)
ケースCoolerMaster HAF 700 EVO 特別仕様
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45OC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45OC

ゲーム愛好家に捧げる、ミドルハイランクのパワフルゲーミングPC
頼れる64GBメモリ、最速RTX 4070、快速2TB SSDの黄金バランス
5000X RGB、美しさとクールさを兼ね備えたスタイリッシュモデル
Core i5 14600KF、最新技術が支える「真のパフォーマンス」を体感せよ

【ZEFT Z45OC スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6600Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45OC

パソコンショップSEVEN ZEFT R58AB

パソコンショップSEVEN ZEFT R58AB
【ZEFT R58AB スペック】
CPUAMD Ryzen9 7950X 16コア/32スレッド 5.70GHz(ブースト)/4.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R58AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z50L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z50L
【ZEFT Z50L スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4080 Super (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z50L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAA

ハイエンドな体験をミドルレンジで―新時代のアドバンスドゲーミングPC
疾走する32GBメモリ、鮮明な朝霜を宿すスピードの2TB SSD―スペックのアンサンブル
モダンとミニマルを融合、洗練されたキューブケースが空間に溶け込むデザイン性
力強くも省電力、Core i5の最新力が未来のゲームを躍動させる

【ZEFT Z45XAA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAA

あわせて読みたい

2024年注目! おすすめゲーミングPC BTO完全リスト

BTOパソコンチョイス

画像編集向けPCの極意 エキスパートが選ぶおすすめスペック

ゲーミングPCフリーク

快適作業を実現する おすすめハイエンドPCの選び方

ゲーミングPC評価ブログ

ゲームを支配するデスクトップPCの選び方 スペックからデザインまで

ゲーミングPC.jp

動画編集の成否を分ける!パソコンスペックの正しい選び方

ゲーミングPC Tier1

AIイラスト向けPC選び おすすめ機種とその魅力

ゲーミングPC評価ブログ

ストリーミングも快適! ライブ配信おすすめデスクトップPC

ゲーミングPCフリーク

おすすめPCでゲーム実況のクオリティをアップさせる方法

BTOパソコンチョイス

ゲーミングPC仕様大公開! ニーズに最適なおすすめモデルは?

ゲーミングPC評価ブログ

自動生成エキスパート級! AIイラスト用PCの選び方とおすすめモデル

ゲーミングPCフリーク

ゲーミングPCで圧倒的な勝利を! eスポーツアスリートの選択

ゲーミングPC Tier1

動画編集PCスターターパック デスクトップPCのおすすめスペック

BTOパソコンチョイス

クリエイターの夢を実現! AI用高性能おすすめPCナビ

ゲーミングPC.jp

最高のデスクトップゲーミングPC選択ガイド おすすめモデル2024

ゲーミングPC評価ブログ

マルチタスク実現! 強力なCPUでカスタマイズするBTO PCテクニック

ゲーミングPC Tier1

高性能&高コスパ! ライブ配信におすすめなPC選定法

ゲーミングPCフリーク

パフォーマンス絶対主義! ゲーミングデスクトップPCのハードコア選択ガイド

BTOパソコンチョイス

エンジニア必携! おすすめのCore i7開発向けPCレビュー

ゲーミングPC.jp

エンコードもサクサク! 動画制作者向けパソコンの最適解

ゲーミングPC Tier1

効率化の秘訣! 業界別におすすめするカスタマイズパソコン注文術

ゲーミングPC評価ブログ

スペックからデザインまで! ゲーミングPC選び方完全マニュアル

BTOパソコンチョイス

ゲームプレイを変える! 快適ゲーミングPC構築マニュアル

ゲーミングPC.jp

プレミアムゲーマー向け! デスクトップで選ぶおすすめゲーミングPC

ゲーミングPCフリーク

静音パソコン最強ガイド おすすめの選び方

ゲーミングPC Tier1

ゲームのためのスペックを追求 PC愛好家のための選定指南

ゲーミングPC評価ブログ

パソコン購入戦略 プログラム開発におすすめの最強スペック解析

ゲーミングPC Tier1

フルカスタムで作る僕だけのPC – BTOパソコン選びのコツ

BTOパソコンチョイス

静寂専門家が推薦! おすすめ静音PCと最新テクノロジー

ゲーミングPC.jp

ゲームマスターへの道 最適なゲーミングデスクトップPCを見極める

ゲーミングPCフリーク

AIイラストで差をつけろ! トレンドを抑えたおすすめPC解説

ゲーミングPCフリーク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次