ゲーム実況PCビルド術 快適ストリーミングの秘密

目次

ゲーム実況PCの要:パフォーマンス重視のCPU選び

ゲーム実況PCの要:パフォーマンス重視のCPU選び

ストリーミング向けCPUのスペック基準

ゲーム実況PCで最も重要なのは、複数のタスクを同時に効率良く扱える処理能力です。

ストリーミング時には、ゲームの実行はもちろん、配信ソフトウェアの動作やチャット管理など、CPUにかかる負荷は一般的なPC使用時とは比べ物にならないほど重くなります。

ここが試練の場となり、CPU選びが成功のカギを握っています。

ストリーミング向けのCPUは、高いマルチコア・マルチスレッド性能を持つことが鉄則です。

ストリーミングでは、ゲームと配信が同時進行するため、コア数が多く、かつ高速なクロックスピードを誇るCPUを選ぶことで、滑らかな映像配信を実現できます。

また、エンコード作業はCPUにとって負担の大きいタスクなので、これに適した性能を持つCPUの選定は、画質低下やラグの防止と直結します。

具体的なスペックとしては、少なくとも8コア16スレッド以上を有するCPUが望ましいでしょう。

さらに、最小限4.0GHz以上のターボブースト周波数は、高画質なストリーミングをスムーズに行うために重要です。

また、忘れてはならないのが、CPUのTDP(熱設計電力)で、この数値が高いほど発熱量も多くなりますが、それは同時に高性能を意味している場合も少なくありません。

強力な冷却システムを整えることで、高TDPのCPUのパフォーマンスを最大限に引き出せます。

間違いなく、緻密に選び抜かれたCPUはゲーム実況PCの心臓部として機能し、プロ並みのゲーム配信体験を提供することでしょう。

常に技術の進歩を見極めながら、確かな知識をもって最適な選択を行うことが、快適なストリーミング実現への近道になります。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41202 2410 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41151 2351 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41151 2351 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38618 2072 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38542 2043 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35536 2228 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35536 2228 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33786 2202 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33786 2202 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32559 2096 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32559 2096 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29276 2034 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28876 1964 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27056 2039 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24658 2097 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24658 2097 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22092 1944 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20378 2010 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19520 1932 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17744 1811 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16057 1773 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16057 1773 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15299 1976 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9081 1742 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9081 1742 公式 価格

コア数とスレッド数の最適バランス

ゲーム実況PCの心臓部とも言えるCPUは、コア数とスレッド数のバランスにおいて、その性能が決定的に変わってきます。

ゲーム実況においては、ゲームプレイの処理だけでなく、同時にエンコードやストリーミングの処理も担当するため、多コア・マルチスレッドのCPUが好ましい選択とされています。

ゲームが要求するコア数はタイトルにもよりますが、最低でも8コアは必要とされるゲームが多く、ストリーミングを含めるとさらにコア数とスレッド数の重要性が高まります。

現代の高性能CPUは、8コア16スレッド以上を搭載しているものが増えており、これがゲーム実況におけるパフォーマンスを高める要点となります。

特にストリーミングソフトウェアがリソースを大量に消費するため、ゲームがスムーズに動作するだけでなく、視聴者に向けた配信画質も重要なファクターです。

そのため、高解像度でのストリーミング配信を行う場合には、より多くのコアとスレッドを持つCPUが望ましいわけです。

ただし、コア数が多いからといって必ずしも良いとは限らず、コアの性能自体も重要です。

高いクロックスピードを持つコアは、個々のタスクにおける処理速度を向上させ、ゲーム実況に求められるレスポンスの良さをもたらします。

また、CPUのキャッシュサイズもパフォーマンスに影響を与えるため、これらの要素も考慮に入れ、自身の実況スタイルや配信するゲームの特性に合ったCPU選びが不可欠です。

ゲーム実況PCにおけるCPU選びでは、コア数とスレッド数が豊富でありながら、1コアあたりのパフォーマンスも優れるものを選択することで、多方面に渡る高い要求を満たし、視聴者に最高のエンターテイメント体験を提供できるでしょう。

人気のCPUモデルと実況者の選択

ゲーム実況PCの核となる部分は間違いなくCPUです。

適切な選択をすることで、快適なストリーミング体験を実現し、視聴者に高品質なコンテンツを届けることができます。

現在の市場には、AMDとIntelから複数のモデルがラインナップされており、実況者にはそれぞれのニーズに合わせた選択肢が用意されています。

例えば、AMDのRyzenシリーズはコア数とスレッド数のバランスが取れており、複数のアプリケーションを同時に処理する際に優れたパフォーマンスを発揮します。

一方で、IntelのCore i7 やi9シリーズは、ゲームとエンコードの動作を並行して行うのに十分な処理能力を有しており、実況者には非常に頼りになる存在です。

ひとたび選択を迫られるとき、実況者はストリーミング中のエンコード作業に必要な能力や、対象となるゲームのシステム要件、更には予算の余裕など、多岐にわたる観点から個々のCPUモデルを考慮する必要があります。

昨今では多くの実況者が動画編集やゲーム開発などの副次的なタスクも行う傾向にあり、単なるゲームプレイを超えた多様性と効率性を求められます。

したがって、多コア・多スレッドの対応力や、高速なメモリインターフェース、そして大容量のキャッシュメモリーを備えたCPUが圧倒的に推奨されます。

これらの機能は実況中に安定したストリームを維持するために不可欠であり、視聴者にとっての視聴体験の質を大きく左右する要素なのです。

グラフィックスカード選び:ゲーム実況PCに求められる性能

グラフィックスカード選び:ゲーム実況PCに求められる性能

フレームレートと解像度の関係

ゲーム実況PCでは、視聴者に高品質の映像を提供するために、フレームレートと解像度が非常に重要な要素です。

フレームレートとは、1秒間に表示される画像の枚数を指し、この数値が高いほどスムーズな動きを再現可能になり、ゲームプレイがよりリアルに感じられるようになります。

一方で解像度とは、画面上に表示されるピクセルの数です。

解像度が高いと画面が鮮明になり細かい部分もはっきりと捉えられるため、より没入感のある視聴体験を提供できます。

ただし、これら二つは互いに影響を及ぼし合います。

例えば、高解像度でゲームを実況する際には、それだけ多くのグラフィックデータを処理しなければならないため、グラフィックスカードへの負荷が増大します。

フレームレートを維持しつつ高解像度を実現するには、より高性能なグラフィックスカードが求められるわけです。

そのため、実際の選択にあたっては、プレイするゲームの種類や希望するフレームレート、解像度、そしてストリーミングの設定に基づいて最適なスペックを持つグラフィックスカードを選び出すことが重要です。

ゲーム実況をする上では、単にグラフィックスカードが高性能であることよりも、どのようにそれらが視聴者に提供する映像品質に貢献するかが大切です。

スムーズで鮮明な映像を維持しつつ、プレイするゲームと視聴者の期待に応えるパフォーマンスを実現するためには、慎重なスペックのバランスが求められるのです。

適切な選択を行うことで、ストリーミングはより一層快適なものになり、結果として視聴者の満足度を高めることに繋がります。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

ストリーマーが推奨するGPUリスト

ゲーム実況PCで最も中心的な役割を果たすグラフィックスカードは、視覚的な美しさとスムーズなパフォーマンスが求められる今日、ただ単に強ければいいというわけではありません。

中でもストリーマーたちが何度も経験を通じて見極めた推奨するGPUリストは、彼らが長時間の利用と何千人にも及ぶ視聴者が求めるクオリティを提供できることを考察の結果としています。

例えば、NVIDIAのGeForce RTX4080は、そのリアルタイムのレイトレーシング機能とAIを利用したディープラーニングスーパーサンプリング(DLSS)で最新ゲームさえも驚くほど鮮明でなめらかに描き出し、実況中のゲームプレイを視聴者に快適かつ鮮明な体験を提供します。

一方、AMDのRadeon RX 7800 XTも、同等の性能を誇ることで知られ、直感的なオーバークロッキングのツールを持ってストリーマーたちの心を掴んでいます。

ゲーミングに特化したこれらのカードは、同時に複数のタスクをこなしながらも、スムーズなストリーミングをキープする優れたエンコーディング機能を持っており、多くのエキスパートが絶賛する理由です。

これらのGPUによって実際に実装される画質向上、パフォーマンスの強化は、ゲーム実況のプロたちがお墨付きを与えている要因であり、視聴者に最も良い経験を提供するために必要不可欠な道具となっています。

このように、ストリーマーが推奨するGPUは、彼らのリアルな要求に応える高性能を備え、ゲーム実況という高負荷な環境下での信頼性と安定性をも兼ね備えています。

ゲーム実況PCを組み立てる際には、これらの実戦で鍛えられた推奨リストを参考にすることで、快適なストリーミング環境の構築が一層手堅く叶えられるでしょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36176 73894 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30083 73191 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29130 68118 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26166 67299 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23728 55472 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19925 50322 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19235 50968 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17968 45739 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16988 42314 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13459 34501 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13458 34949 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13342 34319 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12463 30286 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10825 31641 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10654 28494 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10645 27415 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7335 19559 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6271 15992 130W 公式 価格

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT G28L-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT G28L-Cube

ハイパフォーマンスを求めるゲーマーへ、妥協なきパフォーマンスがここに。情熱のゲーミングPC
圧倒的な速度とクリエイティビティ、32GB DDR5メモリと1TB SSDの鬼バランス
コンパクトに秘められた美意識、クリアサイドで魅せるNR200P MAXの小粋なスタイル
猛スピード実行!Ryzen 7 7700、今日からアイデアを力強く支える

【ZEFT G28L-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT G28L-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R50G

パソコンショップSEVEN ZEFT R50G

絶妙なバランスのオプティマイズドミドルセグメントゲーミングPC、高性能を手軽に楽しめるモデル
RTX 4070Ti搭載、応答速度高速な16GB DDR5メモリ、快適プレイと作業の最良バランス
煌びやかなRGBが輝く、NZXT H7 Flowのホワイトケース、流行の白基調で空間を彩るPC
Ryzen 7 7700で最新ゲームも快適動作、パワフル処理が痛快なプレイ体験をコミット

【ZEFT R50G スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R50G

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45UB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45UB

ハイパフォーマンスを求めるあなたに、プロ級のゲーミングPC
理想のバランス:その先鋭スペックで、全ゲーマーを魅了
ROG Hyperion GR701筐体で目を引く、洗練されたデザイン感
Core i5-14600KF、次世代の速度を引き出す駆動力

【ZEFT Z45UB スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースASUS ROG Hyperion GR701
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASUS製 TUF Gaming Z790-PLUS WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45UB

パソコンショップSEVEN ZEFT R52N-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52N-Cube

高性能ゲーミングPCで、上級者も納得のアドバンストランクモデル
バランス良く組み上げられたスペックは、高級感溢れるパフォーマンスを実現
省スペースでありながら、スタイリッシュなデザインが空間を彩るコンパクトケース
Ryzen 7 7700搭載、プロのためのパワーを余すことなく提供

【ZEFT R52N-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52N-Cube

価格対効果抜群のグラフィックスカード選定法

当たり前ですが、ゲーム実況PCの核心をなすグラフィックスカード選びにおいては、その性能がストリーミングの快適さを左右します。

全てのゲーム実況者が最高峰のグラフィックスカードを手に入れられるわけではないため、いかに価格対効果に優れた選択をするかが鍵となります。

価格対効果に優れたグラフィックスカードを選定する際、重要なのが最新のゲームタイトルを基準に性能を見極めることです。

最先端のゲームがスムーズに動作するカードであれば、将来的にも様々なタイトルをカバーできる可能性が高いでしょう。

また、ストリーミング中にゲーム内の詳細なグラフィック設定を変更できる柔軟性も必要とされるため、調整幅の広いカードを選ぶことが理想的です。

さらに、ゲーム実況を行う上で忘れてはならないのがエンコード性能です。

高品質のストリームを配信するには、ゲームプレイをリアルタイムでエンコードし、視聴者に滑らかに届ける能力がカードに求められます。

この点も含めて考慮することで、視聴者にとっても納得のいくストリーミング体験を提供できるでしょう。

最後に、価格対効果の高いグラフィックスカードを見つけ出すうえで、ユーザーレビューや専門家の意見を参考にしながら、推奨されるバランスの取れたスペックを理解することが必要です。

それぞれのゲーム実況者にとって最適なグラフィックスカードは異なるため、自らの実況スタイルに合わせた適切な選択を心掛けることが、結果として最大の価値を生み出すことにつながります。

メモリがもたらす影響:ゲーム実況PCでのRAM容量と速度

メモリがもたらす影響:ゲーム実況PCでのRAM容量と速度

必要十分なRAM容量とは

ゲーム実況PCにおいて十分なRAM容量を理解することは、滑らかなパフォーマンス確保のために不可欠です。

現代のゲームは高度なグラフィックスと複雑なシステムを特徴としており、ゲーム実況を行う上でこれらがストリーミング画質に大きな影響を及ぼします。

一般的に、最低でも16GBのRAMが推奨されるのはそのためです。

多くのプロのストリーマーや実況者が、シームレスな体験とゲームプレイの同時処理のために32GBやそれ以上の容量を搭載しているのはごく自然なことです。

さらに、RAMの速度もまた重要な役割を演じます。

速度が速いほど、CPUとのデータ交換が迅速に行われるため、ゲームのロード時間の短縮やフレームレートの向上が期待できます。

ただし、あまりにも高速なRAMがシステム全体のパフォーマンスに与える影響は限定的なことが多く、メモリの速度を追求する場合には、コスト対効果も考慮する必要があります。

ストリーミングの際にはゲームだけではなく、放送用ソフトウェアや複数のプログラムが同時に動作することが一般的です。

このため、十分なRAM容量を確保しておくことは、理想的な実況環境を整えるうえで絶対に避けては通れない道なのです。

ゲーム実況PCにおいてRAMは、高性能なエンジンのようなものであり、プレイヤーと視聴者双方に最高品質のストリーミングを提供するための鍵となるのです。

メモリ速度、タイミング、対応性の重要性

ゲーム実況PCにおけるメモリ速度は、スムーズなゲームプレイに不可欠です。

高速なRAMは、特にリアルタイムで高い解像度や複雑なシーンが求められるゲーム実況時に、データの読み書きを速め、より快適なストリーミング体験を提供します。

さらに、タイミング、すなわちCASレイテンシーも性能に密接にリンクしており、これが低いほどレスポンスが良くなります。

ゲーム実況では、千分の一秒でも反応速度が改善されれば、視聴者により高速でダイナミックなゲームプレイを提供することができます。

メモリの対応性に関しては、マザーボードとの相性を考慮することが重要です。

マザーボードが対応しているメモリタイプ、速度、最大容量を理解し、それに適したメモリを選ぶことで、システムが安定し、エラーやパフォーマンス低下のリスクを避けられます。

特にデュアルチャンネル、クアッドチャンネルのサポートによってメモリ帯域幅が増大し、ゲーム実況の際のデータ処理能力の向上に直結します。

結論として、ゲーム実況を行うPCでは、ただ多い容量を持つメモリを選ぶのではなく、速度、タイミング、そしてシステムとの対応性を総合的に考慮し、選択することが求められます。

これにより、中断のないストリーミングを保証し、ゲーム実況時に視聴者に最高の体験を提供することができるのです。


ストリーミングに最適なマザーボード選定ガイド

ストリーミングに最適なマザーボード選定ガイド

I/Oポートと拡張性の考慮

ストリーミングに最適なマザーボードを選ぶ際には、I/Oポートと拡張性が極めて重要な役割を果たします。

特にゲーム実況においては、多くのデバイスを同時に使用することが一般的です。

例えば、ウェブカメラ、マイク、ゲームコントローラーなどを効率よく接続できるだけのUSBポートの数や種類、さらには高速データ転送が求められるSSDやHDDを接続するためのSATAポートも豊富に搭載されている必要があります。

加えて、将来的なアップグレードを視野に入れると、拡張スロットの多様性と数も不可欠です。

ハイエンドなグラフィックスカードやサウンドカード、追加のネットワークカードなどを追加できるPCI-Expressのスロットが充分にあるかどうか、またこれらのコンポーネントを搭載した時に他のスロットやコネクタに干渉しないかも考慮する必要があります。

クリエイターにとっては、サンダーボルト3等の高速なポートも垂涎の的で、外部ストレージやキャプチャデバイスへの迅速なアクセスが実現可能となります。

さらに、高品質なネットワーク接続はライブストリーミングで不可欠です。

そのため、信頼性の高い有線LANポートはもちろん、近年ではWi-Fi 6のような高速無線接続をサポートしているマザーボードも注目されています。

こういった機能を備えたマザーボードであれば、ゲーム実況時のデータのやり取りがスムーズに行われ、視聴者に快適なストリーミングを提供できるでしょう。

後悔のないゲーム実況PCの構築には、こうしたI/Oポートと拡張性をしっかりと見極める目が重要となってきます。

適切なマザーボードの選択が、ストリーミングの品質を左右し、実況者としての評価を高める一助となるでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT G28L-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT G28L-Cube

ハイパフォーマンスを求めるゲーマーへ、妥協なきパフォーマンスがここに。情熱のゲーミングPC
圧倒的な速度とクリエイティビティ、32GB DDR5メモリと1TB SSDの鬼バランス
コンパクトに秘められた美意識、クリアサイドで魅せるNR200P MAXの小粋なスタイル
猛スピード実行!Ryzen 7 7700、今日からアイデアを力強く支える

【ZEFT G28L-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT G28L-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R50G

パソコンショップSEVEN ZEFT R50G

絶妙なバランスのオプティマイズドミドルセグメントゲーミングPC、高性能を手軽に楽しめるモデル
RTX 4070Ti搭載、応答速度高速な16GB DDR5メモリ、快適プレイと作業の最良バランス
煌びやかなRGBが輝く、NZXT H7 Flowのホワイトケース、流行の白基調で空間を彩るPC
Ryzen 7 7700で最新ゲームも快適動作、パワフル処理が痛快なプレイ体験をコミット

【ZEFT R50G スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R50G

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45UB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45UB

ハイパフォーマンスを求めるあなたに、プロ級のゲーミングPC
理想のバランス:その先鋭スペックで、全ゲーマーを魅了
ROG Hyperion GR701筐体で目を引く、洗練されたデザイン感
Core i5-14600KF、次世代の速度を引き出す駆動力

【ZEFT Z45UB スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースASUS ROG Hyperion GR701
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASUS製 TUF Gaming Z790-PLUS WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45UB

パソコンショップSEVEN ZEFT R52N-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52N-Cube

高性能ゲーミングPCで、上級者も納得のアドバンストランクモデル
バランス良く組み上げられたスペックは、高級感溢れるパフォーマンスを実現
省スペースでありながら、スタイリッシュなデザインが空間を彩るコンパクトケース
Ryzen 7 7700搭載、プロのためのパワーを余すことなく提供

【ZEFT R52N-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52N-Cube

オーバークロック対応と耐久性

ストリーミングに最適なマザーボードを選ぶ際に、オーバークロックのサポートと耐久性は重要な要素となります。

ゲーム実況では、高い処理能力が求められ、それにはマザーボードが安定したパフォーマンスを提供することが不可欠です。

オーバークロック対応のマザーボードを選ぶことで、プロセッサーの速度を標準設定を超えて引き上げることが可能となり、ゲームの応答性やストリーミングのクオリティが向上します。

耐久性に対する配慮も同様に大切です。

実況中にシステムが不安定となり、万が一のストリーミング中断を避けるためには、信頼性の高い製品を選択することが鍵を握ります。

高品質なコンポーネントや良好な電力設計、そして適切な冷却メカニズムを備えたマザーボードは、長時間に及ぶゲーム実況においても優れたパフォーマンスを発揮します。

さらに、こうした高いオーバークロック能力と耐久性の両方を兼ね備えたマザーボードは、将来的にハードウェアのアップグレードや新しい技術の導入が行われた際にも、柔軟に対応できる余地を持つものです。

これにより、実況機材の長期的な投資としても、賢明な選択となりえます。

ストリーミング専用のパソコンを構築する場合、これらの観点からマザーボードを選定することは、快適な実況体験とそのサステナビリティを確保する上で、間違いなく重要です。

耐久性とオーバークロックに注目し、長時間の使用に耐える頼れるマザーボードを見極めることで、ストリーミングの質を大幅に向上させることができるでしょう。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

安定動作を支える電源ユニット(PSU)の選び方

安定動作を支える電源ユニット(PSU)の選び方

実況PCにおける電源出力と効率

ゲーム実況PCに在って電源ユニット(PSU)は、まるで心臓のようにシステム全体へエネルギーを供給し、安定した動作を支える重要なコンポーネントです。

特に、CPUやグラフィックカードといったパワーハングリーなパーツをフル稼働させる実況PCでは、適切な電源出力が不可欠です。

この電源出力は一般にワット数で表され、実況用のPCを構成する際は、搭載する全てのパーツが要求する最大消費電力を基に計算されます。

そして、単に最大出力が十分かというだけでなく、効率の良い電源ユニットを選ぶことが肝心です。

効率とは、供給される電力がどれくらい有効にコンポーネントに変換されるかを表し、この指標は80 PLUSという認証で示されます。

例えば、80 PLUS Gold認証の電源では、効率が87~90%となっており、その数値は負荷によって変動します。

効率が高い電源を選ぶことで、無駄な熱を減らし、冷却ファンの回転速度を抑えることができます。

この結果、静音性が向上し、ストリーマーには大切な、ゲームに没入する環境を作り出すことが可能になるのです。

また、長時間の使用でも電源ユニットの過熱を避け、PC全体の安定性を保ちつつ、電気代の節約にも効果を発揮します。

ゲーム実況に特化したPCビルドを行う際には、これらの点を踏まえ、信頼性の高い電源ユニットを選ぶことで、ストレスフリーなストリーミングライフを実現することができます。

電源選びにおける出力と効率は、実況PCのパフォーマンスを左右するだけでなく、安定した映像配信の土台を作ります。

信頼性と保護機能の必要性

電源ユニット(PSU)はゲーム実況PCの心臓部ともいえる重要なコンポーネントです。

安定した動作を維持するためには、高品質かつ信頼性に優れたPSUを選ぶことが不可欠です。

信頼性の高いPSUは、電力を安定して供給し、突発的な電圧変動やショート、オーバーヒートからPCを守るための各種保護機能を有しています。

たとえば、過電圧保護(OVP)、過負荷保護(OLP)、過電流保護(OCP)、などの機能があり、これらはPCの損傷を防ぎ、長時間のゲーム実況におけるリスクを最小限に抑えるために設計されています。

快適なストリーミングを実現するためには、PC内部の熱が大敵です。

高品質のPSUは効率的な冷却機構を持っており、これにより熱を効果的に排出し、安定した動作温度を維持します。

また、エネルギー効率も重要な要素で、80 PLUS認証を受けたPSUは電気を無駄にせず、電源の効率を保証します。

これは、環境に優しいだけでなく、電気代の節約にも繋がります。

高品質なPSUは長期間にわたって信頼できる性能を発揮し、何時間にもわたるゲーム実況においても、ストリーマーを安心させる存在です。

ゲーム実況PCビルドの際には適切な出力容量を備えた、信頼できるブランドのPSUを選びましょう。

それにより、PC全体のパフォーマンスが最適化され、安定したストリーミングをお楽しみいただけるでしょう。

冷却システム:ゲーム実況PCの熱管理テクニック

冷却システム:ゲーム実況PCの熱管理テクニック

エアクーリングとウォータークーリングの比較

エアクーリングとウォータークーリングは、ゲーム実況PCの熱管理において、2つの主要な選択肢となっています。

エアクーリングは、その名の通り、空気を用いてコンポーネントの熱を外部に逃がす方法です。

ファンとヒートシンクが一体となって働き、高いコストパフォーマンスと手軽さが魅力的です。

反対に、ウォータークーリングは、冷却液を循環させて熱を移動させるシステムです。

これにより、空気よりも効率的に熱を取り除けるため、高負荷時でも優れた冷却性能を発揮することができます。

エアクーリングシステムの利点は、構造がシンプルであるため、故障が少なくメンテナンスが比較的簡単であることです。

そして、初心者でも取り付けやすく、追加の設備投資を抑えられる点も嬉しいポイントです。

しかしながら、エアクーリングの限界もまた明確で、放熱能力の上限に達しやすく、オーバークロックのような高負荷環境では不十分なことがあります。

一方でウォータークーリングは、その静音性と強力な冷却機能により、より厳しい熱管理が必要な高性能のゲーム実況PCにおいては選ばれやすい選択肢です。

また、放熱をコンピュータケースの外に置くことができるため、内部の空間を有効に活用でき、コンポーネントへの熱の影響を最小限に抑えることができます。

ただし、ウォータークーリングはエアクーリングに比べてコストが高く、取り付けやメンテナンスには慎重さが求められる点を留意する必要があります。

最適な冷却システムを選ぶには、PCの使用状況や予算、さらには冷却に対する個人の優先順位を見極めることが大切です。

ゲーム実況PCの熱管理を適切に行い、快適なストリーミング環境を整えることが、結果として長時間の実況におけるパフォーマンス維持に繋がります。

最適なケース選びと空気流の工夫

ゲーム実況PCの熱管理は、コンポーネントの選択同様、非常に重要な役割を果たします。

先手を打って最適なケースを選ぶことで、冷却システムをグレードアップしましょう。

適切なエアフロー設計があるケースを選択することが、オーバーヒートを防ぎ、パフォーマンスの持続に繋がります。

空気の流れる道筋を意識し、フロントからリアへ、またはボトムからトップへと一方向に流れる設計が、効果的な熱の排出に貢献します。

大型のファンや複数のファンスロットを備えたケースは、多くの冷気を取り込みやすくし、高温のエアを迅速に排出する手助けとなります。

さらに、内部のケーブルマネジメントに配慮した設計は、整理されたケーブルが阻害することなく空気が流れる空間を作り出し、冷却効果を最大化します。

また、ダストフィルターを備えたモデルは、長期にわたり清潔な環境を保ち、冷却能力の低下を防止する利点があります。

ハードウェアに負担をかけずに安定したストリーミング配信を実現するため、十分な冷却対策として、これらの要素をふまえたケース選びは不可欠です。

遮音素材で覆われた静音性に優れたケースもゲーム実況においてはプラスとなるため、環境にマッチしたケースを選ぶことが、ストリーマーのパフォーマンス向上の土台となるでしょう。

このように、ゲーム実況PCの冷却システムを構築する段階でのケース選びと空気流の工夫は、優れた実況体験に欠かせない要素です。

ストレージソリューション:ゲーム実況者に最適なSSDとHDD

ストレージソリューション:ゲーム実況者に最適なSSDとHDD

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT G28L-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT G28L-Cube

ハイパフォーマンスを求めるゲーマーへ、妥協なきパフォーマンスがここに。情熱のゲーミングPC
圧倒的な速度とクリエイティビティ、32GB DDR5メモリと1TB SSDの鬼バランス
コンパクトに秘められた美意識、クリアサイドで魅せるNR200P MAXの小粋なスタイル
猛スピード実行!Ryzen 7 7700、今日からアイデアを力強く支える

【ZEFT G28L-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT G28L-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R50G

パソコンショップSEVEN ZEFT R50G

絶妙なバランスのオプティマイズドミドルセグメントゲーミングPC、高性能を手軽に楽しめるモデル
RTX 4070Ti搭載、応答速度高速な16GB DDR5メモリ、快適プレイと作業の最良バランス
煌びやかなRGBが輝く、NZXT H7 Flowのホワイトケース、流行の白基調で空間を彩るPC
Ryzen 7 7700で最新ゲームも快適動作、パワフル処理が痛快なプレイ体験をコミット

【ZEFT R50G スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R50G

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45UB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45UB

ハイパフォーマンスを求めるあなたに、プロ級のゲーミングPC
理想のバランス:その先鋭スペックで、全ゲーマーを魅了
ROG Hyperion GR701筐体で目を引く、洗練されたデザイン感
Core i5-14600KF、次世代の速度を引き出す駆動力

【ZEFT Z45UB スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースASUS ROG Hyperion GR701
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASUS製 TUF Gaming Z790-PLUS WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45UB

パソコンショップSEVEN ZEFT R52N-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52N-Cube

高性能ゲーミングPCで、上級者も納得のアドバンストランクモデル
バランス良く組み上げられたスペックは、高級感溢れるパフォーマンスを実現
省スペースでありながら、スタイリッシュなデザインが空間を彩るコンパクトケース
Ryzen 7 7700搭載、プロのためのパワーを余すことなく提供

【ZEFT R52N-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52N-Cube

ロード時間短縮に効くSSD選び

ゲーム実況において、スムーズなプレイ映像と迅速なロード時間は視聴者の満足度を大きく左右します。

そのため、ストレージ選びは非常に重要な要素となるのです。

特にSSDの導入は、高速な読み込み速度が特徴で、ロード時間を大幅に削減し、ゲームの応答性を改善することが可能です。

選ぶべきSSDは、速度のみならず、耐久性や信頼性にも優れた製品を厳選することが大事です。

ゲーム実況者の場合は特に、頻繁なライブ配信と録画が求められるため、データの書き込み・読み出し回数が多く、耐久性の高いSSDが欠かせません。

NVMe(Non-Volatile Memory Express)対応のSSDは最近の主流であり、SATA接続のSSDよりも速度面では桁違いのパフォーマンスを発揮します。

さらに、キャッシュメモリ搭載モデルを選ぶことで、一時的なデータの急激な読み書きに強くなり、ゲームプレイ中のパフォーマンス低下を防ぎます。

容量に関しても重要な選択基準です。

実況で使用するゲームによっては、インストールに数十GBを要することもありますので、大容量のSSDを選ぶと安心です。

また、OSとゲームに専用のSSDを割り当てることで、システムが立ち上がる速度やゲームのロード時間をさらに短縮することができるでしょう。

以上の点を総合的に考えると、ゲーム実況者にとって理想的なSSDは、高速かつ大容量、そして高い耐久性を兼ね備えたモデルを選択することが、快適なストリーミング環境を実現する鍵となるのです。

常に最先端の技術を追い求め、多くの視聴者を魅了する実況プレイを目指してみてください。


大容量データ保存用HDDの理想的な仕様

ストレージソリューションにおいて、ゲーム実況者が求めるパフォーマンスと信頼性を兼ね備えたHDDは、大量の動画データを安心して保存するために欠かせません。

理想的な仕様として、まず高い書き込み速度を確保することが重要です。

ゲーム実況は、長時間にわたる動画の録画が常だからです。

さらに、動画データはサイズが大きく、多量になりがちなので、最低でも2TB以上の大容量を推奨します。

また、録画データの読み込み速度も快適なストリーミングに寄与するため、7200rpmのドライブが適していると言えます。

動画編集時の応答速度が向上し、作業効率の大幅な改善が期待できます。

耐久性も重要な要素であり、ゲーム実況者にとっては動画データが破損するリスクを極力低減することが求められます。

そのため、高い信頼性と耐久性が保証されたHDDを選び、安全にデータを蓄積することが賢明です。

加えて、ハードディスクの消費電力も考慮すると、エネルギー効率の良いモデルを選ぶことで、長時間の使用においても熱の発生を抑え、システムの安定性を保つことができます。

ストリーマーにとっては、ストレージは単に保存装置ではなく、クリエイティブな活動を支える基盤です。

さらなる向上を求めるゲーム実況者にとって、理想的なHDDの選定は美しい映像と高音質のオーディオを確実に記録し、ファンに最上のエンターテインメントをお届けするために不可欠なプロセスであると言えるでしょう。

ゲーム実況に最適なモニターの選択法

ゲーム実況に最適なモニターの選択法

リフレッシュレートとレスポンスタイムの理解

ゲーム実況においてモニターの選択は、臨場感あふれる画像の提供はもちろん、視聴者とのスムーズなコミュニケーションを実現するためにも欠かせません。

特に重要なのが、リフレッシュレートとレスポンスタイムです。

リフレッシュレートは1秒間に画面が更新される回数を意味し、単位はヘルツ(Hz)で表されます。

高いリフレッシュレートを持つモニターは、動きの速いゲームシーンでも滑らかでクリアな映像を保持することが可能です。

こうした機能は特にFPSや格闘ゲームのように素早い反応が求められるタイトルでその真価を発揮します。

一方、レスポンスタイムは画素が色を変えるのに要する時間を指し、単位はミリ秒(ms)で測定されます。

レスポンスタイムが短いほど、画面表示の遅延が少なくなり、瞬時のアクションが必要なゲーム実況ではその差が勝敗を分けることも少なくありません。

快適なストリーミング体験を実現するためには、レスポンスタイムが5ms以下のモニターが推奨されますが、極限の反応速度を求める場合、1msという更に短いレスポンスタイムの製品も検討する価値があるでしょう。

これらの要素を考慮に入れたモニターの選択は、視聴者にとって快適な実況視聴を保証し、実況者がゲームプレイに集中するためには不可欠です。

ストリーミングの質を最大限に高めるためにも、モニター選びにおいては、リフレッシュレートとレスポンスタイムのバランスを見極めることが秘訣です。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

視聴体験を左右する解像度と画面サイズ

ゲーム実況に最適なモニターを選ぶ際には、解像度と画面サイズが視聴体験を大きく左右します。

高解像度は鮮明な映像で細部まで捉えることが可能であり、ゲームの世界をよりリアルに伝えることができます。

特にフルHD(1920×1080)以上の解像度は、現代のゲーム実況においてはスタンダードとされており、4K(3840×2160)ではその細密さにおいてさらに一段と視聴者を惹きつけることができます。

一方で、画面サイズも重要です。

大きい画面では、画面の端から端まで目を動かすことが多くなり、実況者としての反応速度が若干落ちる可能性があります。

しかし、その広い視野はゲームの世界をより広く、迫力あるものにし、視聴者にとって没入感を増すことにもつながります。

適切なサイズは、実況者が快適にプレイでき、視聴者にも適切な情報量を提供することが可能なバランスを考慮して選ばれるべきです。

解像度と画面サイズを正しく選ぶことは、実況するゲームの種類やプレイスタイル、さらには視聴者の好みにも左右されます。

一般的には、動きの激しいFPSやアクションゲームを実況する際にはフルHDでリフレッシュレートの高いモニターが好まれることが多く、ストラテジーやアドベンチャータイトルでは4K解像度を生かした広い画面でのディテールの深堀りが推奨されることもあります。

細かい解像度の設定と適切な画面サイズを組み合わせることで、実況者は最高のパフォーマンスを発揮し、視聴者にとっても快適な視聴体験を提供することができるわけです。

その結果、ゲーム実況の質が向上し、より多くの視聴者を魅了することに繋がるのです。

理想的なストリーミング環境のためのオーディオ機器とアクセサリー

理想的なストリーミング環境のためのオーディオ機器とアクセサリー

クリアな音声再生のためのマイク選び

クリアな音声再生はゲーム実況における成功の鍵です。

優れたマイクは、視聴者が実況者の声に集中しやすくするために極めて重要です。

選び方には、まず、使用環境を考えることから始めます。

静かな部屋であればコンデンサーマイクが適しており、細かい声のニュアンスまで拾い上げ、自然でクリアな音質を提供します。

一方で、周辺騒音が多い環境ならば、ダイナミックマイクが向いています。

これは不要な背景音を拾いにくくするため、聴き手にとって実況者の声がはっきりと伝わります。

また、マイクの指向性も重要な要素です。

一般的に、単一指向性マイクは声のみを集中的に拾い、周囲の雑音を抑制するために適しています。

さらに、マイクスタンドやポップフィルターの活用は、音質向上に不可欠です。

ポップフィルターは、発声時の破裂音を軽減し、よりプロフェッショナルなオーディオを提供します。

また、振動がマイクに伝わるのを防ぐためにショックマウントの使用を検討すると良いでしょう。

最適なマイクを見つけるためには、実際の使用例をレビューや動画で確認し、信頼できるブランドの製品を選ぶことが大切です。

実況に不可欠なクリアな音声再生を実現するためにも、慎重にマイク選びを行ってください。

適切な機器選定は視聴者体験を向上させ、あなたのゲーム実況を格段に引き立てるでしょう。

長時間配信でも疲れない快適なヘッドセットとチェア

高品質なヘッドセットは、ゲーム実況にとってしっかりとしたコミュニケーションを確保する重要な要素です。

クリアで途切れないオーディオ出力に加え、周囲の騒音を遮断するノイズキャンセリング機能は、視聴者に対してプロフェッショナルな配信を可能にします。

また、長時間の使用を前提とするため耳への圧迫感が少なく、通気性の良いイヤーパッドを備えたヘッドセットが望ましいでしょう。

さらに実況プレイヤーの快適性を左右するのは、支えとなるチェアの質です。

適切な体のサポートを提供する人間工学に基づいたデザインのチェアは、長時間座り続けても疲れにくく、集中力を保つことに寄与します。

腰や背中を優しく支えるクッション性、座面の深さや高さ、アームレストの調節機能など、細部にまでこだわることで、痛みや不快感を最小限に抑えることができます。

オーディオ機器とチェアの組み合わせは、長時間のゲーム実況を快適にするだけでなく、配信内容の質にも直結します。

クオリティの高いストリーミング体験を提供するためには、これらのアクセサリーの選定に手抜きはできません。

視聴者を惹きつけ続けるためにも、ヘッドセットとチェア選びには並々ならぬ配慮が必要です。

あわせて読みたい

AIイラストで差をつけろ! トレンドを抑えたおすすめPC解説

ゲーミングPCフリーク

ゲーミングPC選び方の極意 究極のゲームライフを手に入れろ!

ゲーミングPC評価ブログ

AI画像生成に最適! 厳選おすすめPCガイド

ゲーミングPC Tier1

配信品質にこだわるツイキャスユーザー向け! おすすめPCの全知識

BTOパソコンチョイス

静音おすすめPCで実現する 最高のサイレントワークスペース

ゲーミングPC.jp

プレイヤーの勝利を支える2024年最新おすすめBTOゲーミングPC

ゲーミングPC Tier1

映像制作プロジェクト必見! 完璧なパソコン選びのチェックポイント

ゲーミングPC評価ブログ

ハイスペックが鍵! マンガ制作のためのおすすめPCの探し方

BTOパソコンチョイス

動画編集を極める パソコンスペック攻略法

ゲーミングPCフリーク

PCゲーミングを極める! 究極のCore i7おすすめ機種

ゲーミングPC Tier1

ライブ配信プラットフォーム別! 最適なおすすめPC選定法

ゲーミングPC評価ブログ

ゲームを極めるための高スペックPC選び

BTOパソコンチョイス

コスパ重視! おすすめBTOパソコン2024年トレンド

ゲーミングPCフリーク

完璧な動画を! クリエイターが語るおすすめPCの選び方

ゲーミングPC.jp

ゲームマスター必見! 高スペックPCの選び方と最適化

ゲーミングPC評価ブログ

3Dアニメーター向け! コストパフォーマンスに優れたPC選び

ゲーミングPC Tier1

RTX4070 SUPERで遊ぶ! おすすめゲーミングPCの完全ガイド

ゲーミングPC.jp

ゲーマーに贈るパソコンBTOおすすめ構成ガイド

BTOパソコンチョイス

おすすめデスクトップゲーミングPCの極意 性能と予算のバランス

ゲーミングPCフリーク

マルチタスキングを極める! おすすめのCore i7重量級PC

ゲーミングPC Tier1

ベストな選択はこれ! 3DアニメーターのためのPC購入ガイド

ゲーミングPC評価ブログ

速さと品質で勝負! クリエイターにおすすめする動画編集PC

BTOパソコンチョイス

3Dモデリングに求められる性能 おすすめPCとは?

ゲーミングPCフリーク

アートを次元アップ! おすすめ3DモデリングPC選定術

ゲーミングPC.jp

ゲーミングPC選び方 eスポーツ選手の推薦品

BTOパソコンチョイス

BTOパソコンのメリットと選び方 カスタム前に知っておきたい基礎知識

ゲーミングPC Tier1

システムエンジニア向けパソコン最前線 2024年注目すべきモデルの徹底解説

ゲーミングPC評価ブログ

実力派エンジニアの選択! ハイエンドPCおすすめ構成法

ゲーミングPC.jp

ゲーム実況で差をつける! 高性能おすすめPCガイド

ゲーミングPCフリーク

撮って出しも楽々! 動画制作者向けパソコンのおすすめモデル

ゲーミングPC Tier1

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次