おすすめPCで差をつける! ゲーム実況初心者向け選び方

目次

ゲーム実況入門 PC選びの基本

ゲーム実況入門 PC選びの基本

ゲーム実況に必要なPCスペックとは?

ゲーム実況に必要なPCスペックを見極めることは、迫力のある配信を行いたい初心者にとって重要な第一歩です。

まず心に留めておくべきは、スムーズなゲームプレイと同時に高品質の配信が求められるため、平均的な仕様をはるかに超えるパフォーマンスが求められる点でしょう。

プロセッサはゲーム実況の大黒柱とも言える部分で、少なくとも四コア以上が望ましいですが、より高い処理能力を持つ六コア以上が理想的です。

グラフィックカードも同様に重要で、最新のゲームを快適に動かすためには、ハイエンドかミッドレンジのものを選ぶのが賢明です。

また、快適なストリーミングを実現するためには、十分なメモリ容量、16GB以上が好ましいでしょう。

ストレージに関しては、速度の面でSSDが推奨されます。

OSやゲームのロード時間を短縮し、配信の手間を減らすためにも、大容量で迅速な書き込みが可能なものが望ましいです。

加えて、冷却システムにも注意を払い、長時間の配信でPCが熱を持つことへの対策が必要です。

これらの観点から選ぶPCは、ゲーム実況の品質を大きく左右します。

選定には多くのオプションがありますが、これらの要素を満たす機種を見つけることは、視聴者にとって忘れがたい配信体験を提供する第一歩となるでしょう。

高いスペックへの投資は、見返りとして視聴者の満足度の向上を約束します。

ゲーム実況に特化したPCの特徴

ゲーム実況に特化したPCとは、高い処理能力が必要なゲームプレイの同時録画、配信がスムーズに行えるように設計されています。

これらのPCは、優れたマルチタスキング能力を持ち合わせており、ゲーム実況に求められる無遅延の配信環境を作り出すために必要な要素を搭載しています。

まず、心臓部とも言えるプロセッサー(CPU)は、高いコア数とクロック速度を持つものが用いられており、複数の作業を滞りなく処理できる性能を備えています。

さらに、ゲームの映像を美しく滑らかに出力するため、高性能のグラフィックスカード(GPU)が配されることは不可欠です。

高画質でのストリーミング配信を支えるためには、必然的により多くのビデオメモリが推奨されます。

また、ゲーム演算に加えて配信ソフトウェアのスムーズな動作を支えるため、応答速度の速いRAMやストレージも重要です。

特にソリッドステートドライブ(SSD)の導入は、起動時間の短縮やデータ転送速度の向上に寄与し、中断のない配信を保証する助けとなります。

これらのコンポーネントを組み合わせることで、ゲーム実況者はプレイと配信の両立が要求される厳しい環境下でも、視聴者に高品質なコンテンツを提供することができるのです。

そうしたパフォーマンスを提供するPCを選ぶことが、成功への第一歩と言えるでしょう。

故障のリスクを最小限に抑えた信頼性や、長時間のライブ配信にも対応できる冷却機能も、ゲーム実況者にとっては見逃せない要素です。

選び方を間違えなければ、ゲーム実況での活躍もさらに光り輝くものとなるでしょう。

ゲーム実況用PCの重要コンポーネント

ゲーム実況用PCの重要コンポーネント

CPUの選び方 必要な性能とは?

ゲーム実況用PCを選ぶ際、CPUはその心臓部と言えます。

ゲームに求められる複雑な処理を滑らかにこなすためには、高い処理能力が必要不可欠です。

特にマルチコアやマルチスレッドを活用する現代のゲームタイトルでは、複数のコアが同時に働くことで全体のパフォーマンスが向上します。

したがって、CPU選びではコア数とスレッド数に注目する必要があり、少なくともクアッドコア以上を推奨します。

さらに、ゲーム実況ではゲームプレイだけでなく、配信ソフトの動作も同時に処理しなければなりません。

ここでのポイントは、配信にも高いパフォーマンスが求められるため、CPUのクロック速度も重要になるということです。

ゲームのローディング時間短縮や快適なマルチタスク運用を実現するために、高い基本クロック速度を持つCPUを選ぶと良いでしょう。

その一方で、冷却性能も見逃せません。

高性能CPUは運用中に多くの熱を発生させるため、適切な冷却システムを持たないと性能を最大限引き出すことができません。

適切なファンや液冷システムとの組み合わせを考えることも、長時間のゲーム実況配信においては重要な判断基準です。

最後に覚えておきたいのは、将来にわたってゲーム実況を続けていくなら、アップグレードの容易さや拡張性も考慮に入れておくべきです。

時代に合わせて新しいハードウェアに対応できる余地を持ったPC選びが、長期にわたる活動の成功を握る鍵となるでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41202 2410 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41151 2351 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41151 2351 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38618 2072 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38542 2043 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35536 2228 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35536 2228 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33786 2202 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33786 2202 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32559 2096 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32559 2096 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29276 2034 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28876 1964 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27056 2039 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24658 2097 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24658 2097 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22092 1944 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20378 2010 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19520 1932 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17744 1811 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16057 1773 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16057 1773 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15299 1976 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9081 1742 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9081 1742 公式 価格

ゲーム実況に影響大! GPUの選び方

ゲーム実況用のPC構築において、心臓部とも言えるGPUは、滑らかな映像出力と高解像度のゲームプレイを実現するために欠かせないコンポーネントです。

常に最新のゲームに挑む実況者にとって、GPUはそのパフォーマンスで視聴者の満足度を左右します。

では、具体的にどのようなポイントに注目し、選び方に迷う初心者実況者が適切なGPUを選ぶべきか、詳細を解説していきましょう。

まず、最新ゲームの推奨スペックをチェックすることから始めます。

これは、トレンドに乗っているゲームを問題なくプレイできる能力があるかどうかの目安になります。

さらに、ストリーミング中のエンコーディング作業にもGPUの力が求められるため、ゲーミングと同時の処理能力も見極める必要があります。

次に、解像度とフレームレートを考慮します。

たとえば、1080pのフルHDで60FPS以上を目指す場合と、4K解像度で同様のフレームレートを維持しようとする場合では、必要とされるGPUの性能が大幅に異なります。

実況で重視するのは、視聴者にとって魅力的な高品質な映像であることを忘れずに選択しましょう。

また、製品の発熱と消費電力も重要な指標です。

発熱が少なく効率的に動作するGPUは、長期にわたって安定したパフォーマンスを提供し、PC内の他のコンポーネントの耐久性にも好影響を与えます。

さらに、予算とのバランスも考慮する必要があります。

GPUに全ての予算を割り当てるのではなく、他のコンポーネントとの調和を見極めながら、最適な選択を行うのが賢明です。

最後に、将来のアップグレードの余地も念頭に置き、拡張性に富んだGPUを選択しておくことも、長期的な視野に立って考える際には重要です。

これらを踏まえた上で、GPU選びに臨むことで、ゲーム実況というエキサイティングな世界で、他者との差をつける装備を手に入れることができるでしょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36176 73894 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30083 73191 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29130 68118 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26166 67299 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23728 55472 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19925 50322 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19235 50968 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17968 45739 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16988 42314 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13459 34501 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13458 34949 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13342 34319 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12463 30286 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10825 31641 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10654 28494 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10645 27415 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7335 19559 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6271 15992 130W 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

高性能ゲーミングPC、究極の戦闘力を低ラグで制御するマシン
32GBのRGBメモリが煌く、均整の取れた超速スペック搭載
透明なサイドパネルで光る内部、スタイリッシュなホワイトケース
Ryzen 9の力強いパフォーマンスであらゆるタスクを滑らか処理

【ZEFT R54B スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AP

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AP

編集力と応答性を兼ね備えたエキスパートランクのゲーミングPC
RTX 4070Ti搭載で視覚を圧倒、メモリは16GBで快適プレイの楽園へ
静寂を纏うAntec P10 FLUXケース、洗練されたサイドパネルで静音美学を実現
新世代Core i7-14700KFが描く、スムーズなる高速処理の彩り

【ZEFT Z45AP スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6600Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブブルーレイスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AP

パソコンショップSEVEN ZEFT R54C

パソコンショップSEVEN ZEFT R54C

ゲームを極めるアドバンスドミドルランクモデル、戦場を支配するゲーミングPC
選ばれし32GBメモリ、駆け抜ける1TB SSD、絶妙なスペックのハーモニー
純白ハイエンドケースが放つ、クールな美しさと圧倒的存在感のNZXT H9 ELITE
Ryzen 9 7900X、マスターピースグレードのパフォーマンスを掌握せよ

【ZEFT R54C スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54C

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DBC

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DBC

エンターテイメントを極めるハイスタンダードゲーミングPC
高速32GB DDR5ミラクルメモリ&1TB NVMe SSDで、スムーズに応えるハイパフォーマンス
スタイリッシュなキューブケースで、コンパクトさと存在感を両立
最新の力、Ryzen 5 7600が切り拓く性能の新境地

【ZEFT R56DBC スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DBC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AE

高速処理を駆使するアドバンスドレベルのゲーミングPC、プレイも作業もスムーズに
バランスに優れ、妥協なき32GBメモリと1TB SSDの組み合わせで快適性を追求
NZXT静謐の白、清潔感溢れるデザインのコンパクトケースに性能の光を宿す
Core i7の力強さをギュッと詰め込んだ、マルチタスクにも強いマシン

【ZEFT Z47AE スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AE

快適な実況のためのメモリとストレージ

ゲーム実況用PCの性能を左右する大きな要素として、メモリとストレージが挙げられます。

メモリは、PCが現在進行中のタスクを一時的に保持する場所として機能し、多くのアプリケーションやゲームが同時に実行される際のスムーズな切り替えや応答性を向上させるために欠かせません。

ゲーム実況では、ゲームソフトだけでなく配信ソフトウェアも同時に動作させるため、特に多くのメモリを必要とします。

一方、ストレージはゲームのインストールや動画ファイルの保存に用いられますが、ここで重要なのは速度です。

特にSSD(ソリッドステートドライブ)を搭載することで、ゲームやプログラムの起動が格段に早くなり、読み書きの速度も大幅に向上します。

これにより実況中の待ち時間を削減し、視聴者にストレスのない動画体験を提供できるのです。

メモリの量は、少なくとも16GB以上を目安にし、ストレッチ目標として32GBを持つと、ほとんどのゲームと高解像度でのストリーミングが快適に行えます。

ストレージに関しては、オペレーティングシステムやよく使用するアプリケーションをSSDにインストールし、大容量の動画ファイルなどはコストが低めのHDD(ハードディスクドライブ)に保存することで、コストパフォーマンス良くシステムを構築することが可能です。

実況者にとって、このバランスを見極めることが、非常に滑らかな実況体験へと繋がるわけです。

また、将来的なアップグレードを見越して、拡張性を持たせた選択をすることも重要でしょう。

これにより、長期にわたり高いパフォーマンスを維持し、より多くのファンを魅了できる実況環境を築くことに繋がります。

ゲーム実況PCの推奨システム構成例

ゲーム実況PCの推奨システム構成例

予算別 ゲーム実況PC構築ガイド

ゲーム実況は、最新タイトルをスムーズに楽しむだけではなく、ストリーミング配信時に視聴者を飽きさせないためにも高性能なPCが求められます。

予算に応じて適切な構成を選ぶことは、制作されるコンテンツの質を左右するため、きわめて重要です。

手頃な予算で始める場合は、最低限フルHDの解像度でゲームを快適にプレイでき、かつライブ配信にも耐えうるスペックを備えたPCを選びましょう。

一方で、中?高予算であれば、複数のモニターを使ったり、4K解像度での配信を視野に入れたりすることも可能です。

特に注目すべきはグラフィックスカードやCPU、メモリ容量であり、これらはゲームの処理速度や配信の品質に直接影響します。

配信ソフトウェアの使用やエンコーディング作業にもリソースを要するため、多くの場合、ゲーミングPCよりも少し上のスペックが望ましいと言えます。

ストレージ面では、SSDを起動ドライブとして用いつつ、大容量のHDDをデータ保存用に組み合わせることで、快適なゲーム環境と効率的なデータ管理が可能となります。

音質も配信のクウォリティに影響する要素の一つで、クリアな音声を伝えるためには、適切なサウンドカードの選定や専用のオーディオインターフェースの導入も検討すべきです。

最終的に、ゲーム実況を行う際には、選ばれたPC構成が現状の配信環境にマッチしているか、また将来的なアップグレードの余地はあるかを見極めることが必要です。

予算と目的に合わせた最適な選択をすることで、視聴者に提供するエンターテイメントの質を高め、ゲーム実況者としての魅力を存分に発揮できるでしょう。

ハイエンドPCで実現する最高の実況体験

ゲーム実況の世界では、臨場感あふれる映像とスムーズなストリーミングが欠かせません。

ハイエンドPCには多コアプロセッサや高性能グラフィックカードが搭載され、洗練された実況環境を構築できます。

例えば、Intel Core i9やAMD Ryzen 9のようなCPUは、ゲームと同時にエンコード処理を行うのに十分なパワーを持っており、NVIDIA GeForce RTX4080 や AMD Radeon RX 7800 XTなどのGPUは、高解像度でのゲーミングおよびライブストリーミングを高フレームレートで提供できる性能を秘めています。

メモリも同様に重要で、最低でも16GBは必要ですが、32GB以上を選ぶことで、複数のアプリケーションを同時にスムーズに稼働させる余裕が生まれます。

加えて、高速なSSDを使用することで、ゲームのロード時間を大幅に短縮し、ピッチの早い実況にも対応可能です。

また、ネットワークは有線LAN接続が理想ですが、Wi-Fi 6に代表される最新の無線技術も安定したストリーム配信を可能にします。

さらに、優れた冷却システムは長時間の使用におけるPCのパフォーマンス維持に役立ちます。

こうしたハイエンドPCを利用することで、遅延の少ないストリーミングと、視聴者を魅了する高画質なコンテンツ製作ができるのです。

高品質なゲーム実況を目指す方々にとって、これらの構成要素は成功への大きな一歩となるでしょう。

ゲーム実況PC選びの落とし穴とは?

ゲーム実況PC選びの落とし穴とは?

過剰なスペックは不要! コスパの良い選択肢を

ゲーム実況PC選びの際に容易に陥りがちな誤解の一つが、最高スペックのマシンを調達すれば、それが最良の選択だというものです。

しかし、この思考は却ってコストパフォーマンスの低下に繋がることがあります。

本格的なゲームプレイを快適に放送するためには、適切なスペックを持つPCが重要であると同時に、投資した金額に見合う価値があるかどうかを考えるべきなのです。

例えば、現代の多くの人気ゲームは高いグラフィック能力を要求しますが、実況放送においては安定したストリーミング品質が優先されるべきです。

そのため、高価なグラフィックカードを購入するよりも、信頼性が高く、長時間の放送に耐えうるCPUや十分な量のRAM、そして高速なインターネット接続を確保する方が、賢明かつ経済的な選択と言えます。

また、経験が少ない初心者にとっては、どの機能が実際のゲーム実況に必要か判断しにくいものです。

実際に必要とされる性能はゲームの種類や実況のスタイルによって異なりますから、人気や価格だけでなく、自分がどのような内容を配信するかをしっかりと見極め、それに合ったスペックのPCを選定することが大切です。

必要以上に高いスペックや追加機能に多額を費やすことなく、必要十分なパフォーマンスを備え、コスパに優れたPCを選ぶこと。

これが、ゲーム実況を始める方々が踏みがちな落とし穴を避け、賢く、かつ経済的にスタートダッシュを切るための秘訣なのです。

適正な投資で質の高い配信を目指しましょう。


クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AT

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AT

ハイパフォーマンスでゲーマーの心をつかむ、次世代ミドルレンジのゲーミングPC
優れたグラフィック能力と均整の取れた16GBメモリ、速攻起動の1TB SSD搭載
クリアパネルで内部が映える、スタイリッシュなミドルタワーのマシン
効率とパフォーマンスを両立、Core i7の力強いパルスを実感

【ZEFT Z47AT スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AT

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48DA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48DA

プレミアムゲーム体験をコミットするモダンバランスクラスのゲーミングPC
圧倒的なグラフィックスと迅速な処理力、均整の取れたハイスペックモデル
静寂を纏ったAntec P10 FLUXの洗練されたデザイン性に注目
Core i7 14700F搭載、力強いマルチタスクと高速性能を実現

【ZEFT Z48DA スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48DA

パソコンショップSEVEN EFFA G05D

パソコンショップSEVEN EFFA G05D

ハイエンドの力を体感せよ!ミドルハイクラスのスペックを搭載したゲーミングPC
均整の取れた高性能、32GBメモリと1TB NVMe SSDで待たされることなし
静寂を纏うミッドタワー、Antec P10 FLUXで優れた冷却とエレガントさを両立
圧倒的パフォーマンス、Core i9 14900Fでどんな作業もスムーズに

【EFFA G05D スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN EFFA G05D

パソコンショップSEVEN ZEFT Z51E

パソコンショップSEVEN ZEFT Z51E
【ZEFT Z51E スペック】
CPUIntel Core i9 14900KS 24コア/32スレッド 5.60GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z51E

将来性を考える アップグレードの余地を持たせるテクニック

ゲーム実況PC選びにおける将来性を考慮すべき重要性は、技術の進化が速い今日では特に無視できません。

実況を快適に行うためのパワフルなスペックを持ったPCを選ぶ際には、将来的なアップグレードを見越して、余地を持たせることが重要です。

ここでは、アップグレードの余地を持たせる上でのテクニックに焦点を当ててみましょう。

まず、CPUソケットやチップセットが将来のアップデートに対応しているか確認することが大切です。

新しいプロセッサーが発売された場合でも、現在のマザーボードで対応できるかどうかが鍵となります。

メモリスロットの数もチェックすべきで、最低でも二つは空いていることが好ましいです。

これにより、RAMは簡単に追加できるため、必要に応じてシステムのマルチタスク能力を高めることができます。

ストレージに関しては、SSDを主要なドライブとして選び、さらに大容量データを保存するための追加のHDDやSSDスロットを確保しておくと良いでしょう。

また、グラフィックカードは消費電力と発熱量にも目を向け、将来的により高性能なカードに交換する際の余地を作っておくことが望ましいです。

これらを踏まえ、初心者が実況用PCを選ぶ際は、最新のゲームをスムーズにプレイできる現在の性能と平行して、いずれのパーツもアップグレードが容易になるように計画的に選ぶことが重要です。

長期的な視点に立ってPCを選べば、将来の必要に応じて柔軟に対応可能となり、初期投資だけでなく長期にわたるコストパフォーマンスも考慮した賢い選択が可能になるでしょう。

ゲーム実況用PCの組み立て方

ゲーム実況用PCの組み立て方

自作PCのメリットとステップバイステップガイド

ゲーム実況用PCの組み立て方を学ぶことは、初心者が自分だけの最適な環境を構築する第一歩です。

自作PCを選ぶメリットは、自らの手で部品を厳選し、予算とパフォーマンスを最大限に制御できることにあります。

さらに、将来的なアップグレードが容易になるため、長期的な視点で見るとコストパフォーマンスにも優れています。

ゲーミングPCの魂とも言えるCPUやGPU、ストレージは、ゲーム実況のスムーズさと高画質を保証し、視聴者に快適な視聴体験を提供する重要な要素です。

組み立てにおけるガイドは、まず予算を設定し、目的に合った部品選びに注力することが肝心です。

高品質な映像をストリーミングするためには、高性能なグラフィックカードとプロセッサーが必要ですが、ゲームのジャンルによっては、RAMやストレージの速度も重要な影響を持ちます。

それぞれの部品がどのようにゲーム実況に影響を及ぼすか理解し、バランス良く選択することがプロフェッショナルな実況をする上で不可欠です。

具体的な組み立て方は、まず適切なツールを揃え、作業場所を整えることから始めます。

静電気防止策を施し、マザーボードや各種コンポーネントを損傷から守りながら組み立てを進めます。

ケース内部のエアフローやケーブルマネジメントも念頭に置き、効率的な冷却と見た目の良さを確保します。

組み立ての際には、手順に沿って慎重にパーツを接続することで、トラブルを未然に防ぎます。

完成したPCは、最新のドライバとOSのインストールを経て、実際にゲームをプレイし実況することで、設定の最適化を図ります。

このように自作PCは、ゲーム実況者にとってパーソナライズされた道具となり、ビジュアルだけでなくパフォーマンス面での完璧なカスタマイズを可能にします。

エンターテイメントの世界へ一歩踏み出す際、自作の道を選ぶことは、個性を際立たせるとともに、技術的な知識も兼ね備えることに繋がります。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

実況者におすすめのPCケースと冷却システム

ゲーム実況用PCの組み立て方としては、パフォーマンスのみならず、信頼性と拡張性に優れたPCケースと冷却システムの選択が重要です。

ゲーム実況では、長時間のストリーミング中もPCが安定して動作することが必須。

そのため、良質なエアフローを提供するPCケースを選ぶことが推奨されます。

例えば、ケース前面と背面にファンを設置できるモデルや、メッシュパネルを採用しているものは、熱気のこもりを防ぎ、効率的に内部の温度を管理します。

一方で、冷却システムについて考えると、熱が発生しやすいグラフィックカードやCPUを中心に、水冷式や高性能の空冷ファンを選ぶことが望ましいです。

特に、水冷クーラーは放熱能力が高く、静音性にも優れているため、長時間のゲーム実況中にPCの熱暴走を避け、集中力を途切れさせない環境を作り出します。

また、新しいコンポーネントへのアップグレードを考慮した時、拡張性に優れたPCケースや冷却システムを選んでおくことは、より長期間にわたってストリーミング活動を支える上で、賢明な投資となります。

実況におすすめのPCケースや冷却システムを選ぶ際は、ケースの大きさが将来のアップグレードを制限しないよう、マザーボードサイズからGPUの長さに至るまで、各パーツとの互換性を念入りにチェックすることが大切です。

快適かつ持続可能なゲーム実況環境を築くため、見た目だけではなく、機能性に富んだ選択を心掛けましょう。

ゲーム実況に役立つ周辺機器

ゲーム実況に役立つ周辺機器

ストリーミング向けのモニターの選び方

ゲーム実況においては、映像のクオリティが視聴者を引きつける大切な要素となります。

そのためストリーミング向けのモニター選びは非常に重要で、解像度やリフレッシュレート、反応速度などが鍵を握ります。

まず、ストリーミングで必要不可欠なのが高解像度です。

フルHD以上の解像度を持つモニターを選ぶことで、視聴者にクリアな映像を提供できます。

またゲームの鮮やかさをより際立たせるためには、色再現性の高いパネルを選んでください。

快適な視聴体験のためには、モニターのリフレッシュレートも見逃せません。

最低でも60Hzを超えるものが望ましく、なおかつできれば144Hz以上を推奨します。

これにより滑らかな映像が実現し、特に動きの速いゲームではその差が顕著になります。

さらに、ゲーム実況ではリアルタイムでのアクションが求められるため、モニターの反応速度は1msから5msのものを選びましょう。

ゲーム実況を行う上では、プレイヤーとしてのパフォーマンスも重要ですから、アイケア機能を備えたモニターを選ぶべきです。

長時間の使用において目を保護するブルーライトフィルターやフリッカーフリー技術は、目の疲れを軽減し、より長く集中してゲーム実況を続けることを助けてくれます。

最後に、ストリーミング専用としてモニターを設置する場合、視聴者に向けてコメントやチャットを確認するためのセカンダリモニターとして、サイズや価格も考慮した選択をすると良いでしょう。

これらのポイントを踏まえることで、視聴者に最高の視聴体験を提供し、ゲーム実況者としての差をつけることができるでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47ANP

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47ANP

エンスージアストのためのゲーミングPC、最先端のパフォーマンスを備えたパワーモデル
総合力を発揮するスペック、調和のとれたシステムでゲームも仕事もクリエイティブも
静寂を纏う筐体、洗練されたスチールパネルが魅せるモダンなデザイン性
Core i7-14700Fのパワーで極限まで引き出される処理能力、さあ、その速さを実感せよ

【ZEFT Z47ANP スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47ANP

パソコンショップSEVEN ZEFT R54C

パソコンショップSEVEN ZEFT R54C

ゲームを極めるアドバンスドミドルランクモデル、戦場を支配するゲーミングPC
選ばれし32GBメモリ、駆け抜ける1TB SSD、絶妙なスペックのハーモニー
純白ハイエンドケースが放つ、クールな美しさと圧倒的存在感のNZXT H9 ELITE
Ryzen 9 7900X、マスターピースグレードのパフォーマンスを掌握せよ

【ZEFT R54C スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54C

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAB

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAB

ゲーマー必見のモデル、ゲームが変わる32GBメモリ搭載ゲーミングPC
スムーズなゲームプレイ、1TB NVMe SSD搭載で高速ロード特化マシン
Corsair 4000D Airflow TGの流麗さ!視線を集める透明な魅力
Ryzen 9 7900X搭載、圧倒的マルチタスク性能を誇るPC

【ZEFT R56DAB スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45OB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45OB

ゲーマーのためのリファインドパフォーマンス、このモデルで勝利への道を駆け上がれ
スペックの絶妙なバランスが鮮烈な体験をコミット、進化を遂げたゲーミングの世界をその手に
Corsair 5000X RGBの輝きが戦闘基地を照らす、デザインと機能性が融合した次世代ケース
Core i5 14600KF、強力なプロセッサがタスクを加速、快速なゲームプレイでライバルを圧倒

【ZEFT Z45OB スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45OB

パソコンショップSEVEN ZEFT R58B

パソコンショップSEVEN ZEFT R58B

ハイエンドゲーマー注目のエフォートレスマシン、圧倒的なパフォーマンスでゲーム世界へ没入
均整の取れた最新技術、32GB DDR5メモリ、1TB NVMe SSDを搭載したスペックの絶妙な調和
透明感あふれるクリアホワイトケース、NZXTの流れるようなデザインが演出する洗練されたスタイル
マルチタスクを軽々処理、次世代Ryzen7 7800X3Dでパワフルな体験を

【ZEFT R58B スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R58B

実況に最適なマイクとオーディオインターフェース

ゲーム実況を進めるうえで、視聴者の心を掴むクリアな音質は不可欠です。

そのため、実況に最適なマイク選びは大切なポイントとなります。

ゲーム実況用のマイクとしては、環境音を拾いにくく自分の声だけをクリアに録音できるコンデンサーマイクが適しています。

さらに、音声の質を高めるためにはオーディオインターフェースの利用を推奨します。

オーディオインターフェースは、マイクからのアナログ信号をデジタル信号に変え、パソコンで扱いやすくしてくれる重要な機器です。

クリスタルクリアな音声を実現するには、適切なオーディオインターフェースの選択が肝心です。

録音環境やどのようなゲームを実況するかによって、必要な機能が異なってきます。

例えば、同時に複数のマイク入力が必要な場合や、楽器を同時に録音するなら、入力端子の多いモデルを選びましょう。

また、ポップノイズ防止にはポップガードをマイクに付け加えることで、より専門的な音質が追求できます。

高品質なゲーム実況のためには、これらの機器の知識を持ち、自分に合ったマイクとオーディオインターフェースを見極めることが重要です。

ゲームの興奮を伝え、視聴者に心地よい体験を提供するためには、機器選びに妥協するわけにはいきません。

試行錯誤を重ねつつ、最適な機材に出会えるとき、ゲーム実況はさらなる高みへと登り詰めるでしょう。

ソフトウェアで差をつける! ゲーム実況PCのセットアップ

ソフトウェアで差をつける! ゲーム実況PCのセットアップ

配信に最適なOSとストリーミングソフト

ゲーム実況PCにとってOSは、快適な配信環境を構築する上で重要な役割を担っています。

最適な選択としては、マルチタスク処理に優れ、広いソフトウェア互換性を持つWindows 10またはWindows 11が挙げられます。

これらのOSは、CPUやGPUの資源を効率良く管理し、ゲームプレイと同時にストリーミングソフトをスムーズに動作させることが可能です。

ストリーミングソフトでは、OBS Studioが世界中の実況者に支持されており、その理由は明白です。

無料でありながら高機能、直感的な操作性で初心者から上級者まで対応できる汎用性の高さにあります。

配信で映像や音声を細かく調整したい場合でも、OBS Studioは多彩なプラグインやシーンのカスタマイズが可能で、プロレベルの配信設定も実現できます。

さらに、ゲームのパフォーマンスを損なうことなく画質を活かした配信を実現するためには、最新のエンコーディング技術がサポートされていることを確認することも重要です。

NVIDIAのNVENCやAMDのVCEなど、ハードウェアエンコーダーを活用すれば、CPUへの負担を軽減しながら高画質な配信が可能です。

結局、ゲーム実況PCをセットアップする際は、安定したパフォーマンスを提供するOSの選定と、柔軟かつ高機能なストリーミングソフトの活用が鍵を握っています。

OBS Studioをはじめとする適切なツールを駆使することで、初心者でもプロ顔負けのゲーム実況が可能になるのです。

実況のクオリティを上げる各種プラグイン

ゲーム実況PCのセットアップが完了しても、実はまだ差をつける要素がひとつあります。

それが実況のクオリティを格段に上げることができる各種プラグインの活用です。

スムーズな画面遷移、視聴者の目を惹くアニメーションエフェクト、そして聴覚にも訴えるサウンドエフェクト。

これらを活用することで、ゲーム実況は一層の深みを増し、視聴者を引き込む力を持つようになります。

例えば、ゲーム実況では、迫力のあるシーンへの切り替えが重要な瞬間となることがよくあります。

そこでエフェクトを加えるプラグインを使用すれば、躍動感が増し、視聴者の期待感を高めることが可能です。

また、コメントやフォローのお礼として、視聴者の名前を表示する際の演出にもプラグインが使えます。

これはインタラクティブな体験を提供し、視聴者とのコミュニケーションを促進する要素となり得ます。

さらに音響面でも、ゲームの臨場感を高めるサウンドプラグインが存在します。

これは視聴者にとっても、ただゲームを見るだけではなく、耳にする情報も豊かにして、より深い没入感を提供することに繋がります。

これらプラグインの使用は、単に機能を追加するだけではなく、ゲーム実況のストーリーを紡ぐことに役立ちます。

ゲーム実況者はただプレイを共有するだけでなく、視聴者の感情に訴えかけ、彼らが何度も戻ってくるような魅力あるコンテンツを作り上げることができるのです。

効果的なプラグインの選択と活用は、実況者と視聴者の共有された時間をより価値あるものへと変えていくための重要なステップなのです。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam


リアルなフィードバック ゲーム実況PCの選択肢とユーザーレビュー

リアルなフィードバック ゲーム実況PCの選択肢とユーザーレビュー

プロゲーマーが選ぶPCとは?

プロゲーマーが選ぶPCとは、彼らの要望に応える高性能機種であり、迅速な処理速度、高解像度のグラフィックス、安定したネットワーク接続が必須です。

彼らが好むPCは、CPUには最新の多コアプロセッサを搭載し、ゲームの複雑なシーンでも瞬時に動作することが求められます。

そして、高品質なグラフィックカードが重要な役割を果たし、美しい映像を滑らかに表示することで、視聴者に快適な実況動画を提供することができるのです。

また、メモリも重要なスペックであり、大規模なゲームデータを扱うためには十分な容量が必要です。

特にゲーム実況時は、ゲーム自体と同時にストリーミングソフトウェアも動作させるために、より高いメモリ容量が求められます。

さらに、長時間の実況配信に耐えうるように、発熱対策や静音性に優れた冷却システムも選定の際のポイントとなります。

プロゲーマーが口を揃えて重視するのは、信頼性と耐久性です。

彼らにとってPCは仕事道具であり、大会中にトラブルに見舞われるリスクを最小限に抑えるため、厳選された部品や高い構築品質を備えたマシンが選ばれるのです。

このような高い要求に応えるPCは、ゲーム実況初心者にとっても確かな選択肢となり得るでしょう。

実際にこれらのマシンを使って成功を収めているプロゲーマーからのレビューは、初心者が自身のPC選びに活かすための貴重な情報源となります。

高いパフォーマンスを体験できるPCは、ゲーム実況の質を格段に向上させ、視聴者を引きつけるための大きな武器となるのです。

実況者に聞いた! 使用感とパフォーマンスの評価

ゲーム実況の世界において、PCの性能はまさにその成果を左右する武器になります。

高品質な映像をスムーズに配信するためには、グラフィックカードやプロセッサ、RAMといったスペックが重要なファクターとなってきますが、これらのハードウェアの能力を実際にゲーム実況者がどう評価しているかは、これからゲーム実況を始めようと考えている方にとって大変参考になる情報源です。

さて、数多くのゲーム実況者からのフィードバックを集める中で、特に重視されているのがエンコーディング能力です。

ゲームプレイを快適に楽しみながらも、その様子を高画質でエンコードし続けられるPCは、実況者から高い評価を得ています。

また、予期せぬシーンでのゲームのクラッシュや配信の中断は避けたいため、安定した動作を長時間保証する冷却システムも注目されています。

次にパフォーマンス面では、特にグラフィックカードは目を見張るほどに評価が高く、背景が複雑なゲームや一瞬のアクションが重要なタイトルを実況する際に、リアルタイムでの処理速度がクリティカルな要素となります。

NVIDIAやAMDといったトップブランドの最新グラフィックカードは、実況者から絶大な信頼を寄せられています。

最後に、ストリーミングソフトウェアとの相性についても実況者は敏感です。

実際に複数のソフトウェアを試してみて、最もパフォーマンスが安定している組み合わせを見つけ出すことが、プロフェッショナルな実況者にとって日常的な取り組みの一つです。

何よりも、これらのレビューはリアルな使用状況に基づいていますので、実況者の率直な意見を聞くことは、PC選びにおいて非常に有効な判断材料となるでしょう。

ゲーム実況初心者必見! FAQとトラブルシューティング

ゲーム実況初心者必見! FAQとトラブルシューティング

よくある質問とその回答

ゲーム実況の世界には、さまざまな疑問や問題がつきものです。

例えば、ゲームの映像がカクカクしてしまうのはなぜですか?という問題に対して、多くの場合、ゲームをプレイするPCのスペックが十分でないか、インターネットの接続速度が遅い可能性があります。

スペックが足りないときは、グラフィックカードやCPU、メモリのアップグレードを検討する必要があるでしょう。

インターネット速度が原因の場合は、有線接続への変更や高速なプランへのアップグレードが効果的です。

また、もう一つ頻繁に問い合わせがあるのは、声とゲーム音がうまくバランスしないのはどうしたらいいですか?というものです。

これは、放送用ソフトウェアの設定を調整することで改善されることが多いです。

放送ソフトウェアでマイクとデスクトップオーディオの音量レベルを適切に調節し、リスナーにとって心地よいバランスを見つけることが重要です。

さらに、配信中にゲームがクラッシュしてしまうのですが?というトラブルに直面することもあります。

この場合、ゲームやドライバのアップデート不足、あるいはPCの過熱が原因と考えられます。

定期的にシステムの更新を行い、良好な冷却システムを確保することで、クラッシュのリスクを減らすことができます。

これらの疑問や問題の解決方法を理解し、適切に対処することで、ゲーム実況初心者はより快適に、より魅力的なストリームを提供できるでしょう。

そして、視聴者との充実した交流を享受しながら、ゲーム実況の道で成長を続けていくことが期待されます。

ゲーム実況時のトラブルと解決法

ゲーム実況時のトラブルとその解決法は、ストリーマーと視聴者の満足度に直結しています。

音声が途切れる、映像が遅れる、操作がうまく反映されないなど、実況におけるさまざまなトラブルは、通常PCの性能不足や設定ミスに起因します。

例えば、音声が途切れる場合、先ずは使用しているマイクのドライバを更新し、PCのサウンド設定を確認します。

さらに、バックグラウンドで動作している不要なアプリケーションを終了させることで、PCリソースを解放し、音声データの処理をスムーズにすることが重要です。

映像が遅れる場合は、ゲームの映像設定を下げることをおすすめします。

高い解像度やフレームレートは、PCに高い負荷をかけ、映像の遅延を引き起こす可能性があります。

PCスペックに見合った設定に調整することで、より安定した配信が可能になります。

また、使用中のキャプチャソフトウェアの設定も見直し、最適化を図ることが望ましいでしょう。

操作がうまく反映されない問題は、入力デバイスの遅延によることが多いです。

ゲーム用に特化したキーボードやマウスの使用、またUSBポートの再確認や、最新のドライバへの更新などで改善できることがあります。

トラブル対応は、忍耐が必要ですが、これらの基本的な解決策を踏まえることさえあれば、慌てずに問題に対処できるでしょう。

ゲーム実況の世界では、技術的な問題が出現するのは避けられないため、適時原因を特定し、解決策を実行することが視聴者を惹きつけ続けるカギです。

今後のトレンド予測 ゲーム実況PCの進化

今後のトレンド予測 ゲーム実況PCの進化

新技術の登場とゲーム実況の未来

ゲーム実況の世界は日々進化を遂げており、その中心には常に新技術の登場があります。

特に、ストリーミング品質を格段に向上させるエンコーディング技術や、平滑で途切れのない実況を可能にするハイスペックなプロセッサ、さらには高速なメモリとストレージは、今後のゲーム実況PCにおいて不可欠な要素です。

例えば、リアルタイムレイトレーシングやAIによる画像パフォーマンスの最適化が注目されています。

これらはまさにゲームの映像をより現実に近いものに変える技術であり、視聴者に新たな没入感を提供します。

瞬時に美しい映像を処理し、配信するPCの能力が今後さらに問われるでしょう。

また、マルチタスクを重視したゲーム実況者のためのマルチコアプロセッサや、セットアップと運用を容易にするソフトウェアの統合も、今後のトレンドとして期待されています。

処理能力はもちろんのこと、ゲーム実況をより快適に、そしてプロフェッショナルなレヴェルまで引き上げるソフトウェアの進歩は、実況者としての個性を際立たせる大きな助けになります。

息をのむようなプレイ動画を生み出し、世界中の視聴者を魅了するためにも、最新のゲーム実況PCは必須のアイテムです。

そのための選択には最新技術のトレンドを理解し、未来を見越した意思決定が求められるのです。

ゲーム実況の未来は、止まることなく前進を続ける技術進化の上に築かれています。

ストリーミング品質が向上する最新の技術動向

ストリーミング品質が向上する最新の技術動向として、まず注目すべきは圧倒的な計算処理能力を誇る次世代CPUとGPUの融合です。

これらはゲームの高品質な映像を滑らかに処理し、リアルタイムでのエンコードにも余裕を持たせます。

エンコード技術も進化しており、効率的な圧縮が可能となりデータ転送量の削減に一役買っていますが、画質の低下を最小限に抑えることで、視聴者に高解像度のストリームを提供できるようになっています。

また、インターネットの回線速度が増加しているのも重要なポイントです。

5G通信の普及により、高速で安定したネットワーク環境が整ってきているため、遅延が少ないストリーミングを実現しやすくなっています。

これは特に、複数のカメラアングルを使用したり、高フレームレートでゲームをプレイしながら配信する際に重宝します。

さらに、クラウドゲームサービスとの連携も見逃せません。

クラウド上でゲームを実行し、それをストリーミングすることで、高性能なPCがなくても高品質なゲーム配信が可能になります。

これによって、ゲーム実況にかかる初期投資の負担を減らすことができるため、初心者にも門戸が広がっています。

最後に、ソフトウェアの進化も見逃せません。

実況に特化したソフトウェアは、ユーザーの負荷を軽減しつつ、多彩な機能を提供しています。

例えば、視聴者の反応をリアルタイムで視覚化する機能や、AIを利用したノイズキャンセリング技術が、よりクリアで臨場感のあるストリーミング環境を作り出しています。

これらの革新的な技術は、ゲーム実況PCの可能性を飛躍的に拡大させることでしょう。

あわせて読みたい

2024年注目! おすすめゲーミングPC BTO完全リスト

BTOパソコンチョイス

画像編集向けPCの極意 エキスパートが選ぶおすすめスペック

ゲーミングPCフリーク

快適作業を実現する おすすめハイエンドPCの選び方

ゲーミングPC評価ブログ

ゲームを支配するデスクトップPCの選び方 スペックからデザインまで

ゲーミングPC.jp

動画編集の成否を分ける!パソコンスペックの正しい選び方

ゲーミングPC Tier1

AIイラスト向けPC選び おすすめ機種とその魅力

ゲーミングPC評価ブログ

ストリーミングも快適! ライブ配信おすすめデスクトップPC

ゲーミングPCフリーク

おすすめPCでゲーム実況のクオリティをアップさせる方法

BTOパソコンチョイス

ゲーミングPC仕様大公開! ニーズに最適なおすすめモデルは?

ゲーミングPC評価ブログ

自動生成エキスパート級! AIイラスト用PCの選び方とおすすめモデル

ゲーミングPCフリーク

ゲーミングPCで圧倒的な勝利を! eスポーツアスリートの選択

ゲーミングPC Tier1

動画編集PCスターターパック デスクトップPCのおすすめスペック

BTOパソコンチョイス

クリエイターの夢を実現! AI用高性能おすすめPCナビ

ゲーミングPC.jp

最高のデスクトップゲーミングPC選択ガイド おすすめモデル2024

ゲーミングPC評価ブログ

マルチタスク実現! 強力なCPUでカスタマイズするBTO PCテクニック

ゲーミングPC Tier1

高性能&高コスパ! ライブ配信におすすめなPC選定法

ゲーミングPCフリーク

パフォーマンス絶対主義! ゲーミングデスクトップPCのハードコア選択ガイド

BTOパソコンチョイス

エンジニア必携! おすすめのCore i7開発向けPCレビュー

ゲーミングPC.jp

エンコードもサクサク! 動画制作者向けパソコンの最適解

ゲーミングPC Tier1

効率化の秘訣! 業界別におすすめするカスタマイズパソコン注文術

ゲーミングPC評価ブログ

スペックからデザインまで! ゲーミングPC選び方完全マニュアル

BTOパソコンチョイス

ゲームプレイを変える! 快適ゲーミングPC構築マニュアル

ゲーミングPC.jp

プレミアムゲーマー向け! デスクトップで選ぶおすすめゲーミングPC

ゲーミングPCフリーク

静音パソコン最強ガイド おすすめの選び方

ゲーミングPC Tier1

ゲームのためのスペックを追求 PC愛好家のための選定指南

ゲーミングPC評価ブログ

パソコン購入戦略 プログラム開発におすすめの最強スペック解析

ゲーミングPC Tier1

フルカスタムで作る僕だけのPC – BTOパソコン選びのコツ

BTOパソコンチョイス

静寂専門家が推薦! おすすめ静音PCと最新テクノロジー

ゲーミングPC.jp

ゲームマスターへの道 最適なゲーミングデスクトップPCを見極める

ゲーミングPCフリーク

AIイラストで差をつけろ! トレンドを抑えたおすすめPC解説

ゲーミングPCフリーク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次